業者とトラブルでリフォームが失敗する人の多くが相見積もりをしない

リフォームは色々なトラブルがあり、第三者機関の相談窓口や弁護士にに相談する程大きな問題に発展してしまう事があります。

そして相談するような問題に発展した人の殆どが、相見積もりをしなかったという統計もあります。

今回の記事では、相見積もりをしない人の理由や、リフォームの相見積もりの重要性などについてまとめてみます。

見積もり1社だけでリフォームを決めてしまう理由とは

リフォーム相見積もり

リフォームトラブルで失敗してしまう方の多くは、相見積もりを取らず1社だけで決めてしまいます。

数万円の小さなリフォームで相見積もりを取らないのはまだわかりますが、100万円を超える様な比較的大きなリフォームでも、相見積もりを取らず1社に決めている方がとても多いのです。

相見積もりを取らず1社に決めてしまう人たちの理由をいくつかあげてみましょう。

  • リフォーム費用がどの業者も同じだと思ってしまう
  • リフォームを完成させたい期日に余裕が無い
  • リフォームの提案がどの業者も同じだと思ってしまう
  • 見積もりに来た担当者の印象が良かった
  • ウチより安い会社はないと言われた

それでは一つずつ見ていきましょう。

リフォーム費用がどの業者も同じだと思ってしまう

リフォーム費用

お住まいの地域でリフォーム業者のチラシやホームページを調べてみると、リフォーム金額は地域で同じくらいの相場で設定しているところが多いです。

チラシやホームページに記載してある値段を見たあと、ホームページによる会社のイメージや創業年数、実績など特に印象が悪くなければ見積もりを依頼します。

見積もり後「自分が思った通りの費用感」もしくは「思ったより安い」と感じれば、比較せず工事を依頼してしまう方が多いです。

広告ではなく見積もりでないと他社の本当の値段はわかりません。

相見積もりをせず「どこにリフォームを依頼しても工事内容に差がなく値段も同じくらい」と判断してしまうのはとてももったいないです。

リフォームを完成させたい期日に余裕が無い

リフォーム 引越し

中古マンションを購入してリフォームをしたい場合は、リフォームを完成させ引越しするまで期日に余裕が無いことが多いです。

現在住んでいる賃貸物件の家賃と、中古物件のローン開始が重なることはできるだけ避けたいので、とてもタイトなスケジュールになりやすいです。

やはり比較のために相見積もりを検討するのですが、次の会社に見積もりを取らない方も多いです。

なぜなら、現地調査による見積もりから見積書提出まで2週間以上かかる会社もあるからです。

「リフォーム業者の見積書の提出が遅いのはどこも変わらないのでは?」と思い込み、次のリフォーム業者の見積書も待たされると判断し、相見積もりを断念してしまう傾向にあります。

希望の完工日が遅れてしまう焦りで、多少高めでも最初に見積もりした1社目の業者に決めてしまうのも原因の一つでしょう。

見積もりの遅れに関する、以下の記事も参考にしてください。

>>なぜリフォームの見積もりが遅い?催促する前に知っておくべき本当の理由

リフォームの提案がどの業者も同じだと思ってしまう

リフォーム提案

リフォーム業者の提案(アドバイス)は、想像もしなかったお得な提案もあれば、全く無意味で無駄な出費につながる提案もあるのに、どの業者も同じ提案をするものだと思ってしまう方も多いです。

相見積もりをせず失敗したという方の中で一番損してしまうパターンは、一緒にやった方が良いと提案され、本来やる必要のない工事を言われるがままに依頼してしまうことです。

例えば、一般的なキッチンを交換するだけだったのに、

給湯器を一緒に交換した方が良い

床の下地が少し傷んでいるのでついでに作り直した方が良い

キッチンの最新機能オプションを付けた方が良い

など

本当に必要な提案であれば相見積もりする業者全て同じ提案をしてくるはずです。

リフォーム業者に勧められた提案が本当に必要な工事かどうかは、1社のみの見積もりでは判断ができないので、必ず相見積もりすることをお勧めします。

見積もりに来た担当者の印象が良かった

リフォーム営業

リフォームでトラブルになる人の殆どが、最初見積もりに来た担当者の印象が決して悪くなかったと言います。

リフォーム営業担当は、営業のプロですので、話した感じが良いのは当たり前です。言い変えれば営業トークが下手な営業は、釘を打つのが下手な大工さんと一緒です

現場経験豊富で知識がある営業なら信憑性がありますが、口が上手いだけの営業担当者もたくさんいます。

できもしない工事を調子よくできると言ったりして、後のトラブルに発展することがあるので注意です!

営業マンが言っていることが本当の事なのか否かは、複数社の相見積もりで比較しないとわからないという事を覚えておきましょう。

ウチより安い会社はないと言われた

リフォーム業者

「ウチより安いリフォーム会社は無いですよ」と言うリフォーム会社は少なくありません。

本当に地域で一番安いかどうかを調べるわけでもなく、言われるままに簡単に信用してしまうお客さんも多く、後から本当の値段を知り、自分が損したことを知ることもあります。

たしかに、本当に地域で一番安いリフォーム会社かもしれませんが、値段と工事内容が釣り合っているかは比較しなければわかりません

値段が安くても必要な工事を省かれたり、他より工期が掛ってしまうトラブルも多いので必ず相見積もりにて確認しましょう。
スポンサーリンク

リフォーム業者とトラブルに発展してしまったら

リフォームトラブル

相見積もりをせずに1社に依頼してしまい、すでにリフォーム業者と揉めてしまっている方は第三者機関に相談をしましょう。

リフォームトラブルを相談する第三者機関とは?

リフォームでトラブルになってしまった場合、住宅リフォーム紛争処理支援センターという国土交通大臣から指定を受けた専門の相談窓口があります。

リフォームのトラブルによる相談や新築物件に関する相談を開始したのは平成12年からで、現在まで累計20万件以上電話相談を受けている機関です。

リフォームの相談はどんなことができる?

住宅リフォーム紛争処理支援センターでは、リフォームでの不具合や納得がいかない追加工事に関することなど、リフォーム業者との話し合いがまとまらない場合に相談できます。

また、リフォームを契約していない方でも、見積もり額が高すぎて不安を感じたり、いくら費用が掛るのか見当もつかないリフォームなども相談できます。

リフォームでトラブルが発生してリフォーム業者との折り合いが難しそうであれば、泣き寝入りする前に、一度問い合わせてみてはいかがでしょう。

>>リフォーム相見積もりの断り方で上手に伝える方法と注意すべきこととは

■住宅リフォーム紛争処理支援センター

http://www.chord.or.jp/

 

■住まいるダイヤル 電話相談窓口
電話番号は、0570-016-100(ナビダイヤル)

リフォームの相見積は重要!必ず複数社の見積もりをとりましょう

リフォーム相見積もり

これからリフォームをしようと検討している方は、先ほどあげた見積もり1社だけでリフォームを決めてしまう理由に、もしかしたら当てはまることがあるかもしれません。

しかし、相見積もりをしないで最初の1社に決めてしまうのは本当に損でしかありません。

リフォーム業者に見積もりしてもらうのに、見積もり料金を取るリフォーム会社は存在しませんし、現地調査で家の一部を壊されることもありません。

失うものがあるとしたら見積もりに立ち会う時間くらいです。

仮に2社目、3社目のリフォーム価格や提案などが最初に見積もりしたリフォーム業者より劣っていたとしても、比べなければ良さも悪さもわからないのが相見積もりなのです

お住まいの地域で相見積もり業者を探すには

リフォームの相見積もりをする目的は、大きく分けて3つあります。

  1. 値段を比較し無駄な出費を抑える
  2. 提案を比較し不要な工事をしない
  3. リフォーム業者との相性を見極める

これらの項目を最低でも2社~3社で比較することで、住宅リフォーム紛争処理支援センターなどに相談する様なトラブルに巻き込まれるリスクはかなり低くなるでしょう。

スポンサーリンク

リフォームの相見積もりでリノコと比較!

リフォームは地域によって価格や提案力に大きな差があるので、必ず相見積もりにて比較検討しなければなりません。

とは言え、相見積もりのための業者を複数選ぶこと自体大変ですし、そもそも比較するにも比較できるほど業者が少ない地域もあるので、結局1社に決めてしまう方も多いです。

そこで、相見積もり業者のひとつとしてオススメしたいのがリノコです。

リフォームの相見積もりならリノコがおすすめ

>>リフォーム相場を無料で確認はこちら

地元のリフォーム相場をすぐに知りたい

既に見積もり依頼したリフォーム業者の値段がとても高いので相見積もりをして比較したい

地方なので相見積もり業者がみつからない

という方には、リフォーム見積もりサイトのリノコがとても便利です。

無料&匿名でかんたん見積もりが可能

見積もりサイトのリノコを使えば、初めてリフォームする方でも簡単に相場を知ることができます。

また、すでにお住まいの地域の業者に見積もりをもらっていて、比較する業者が見つかっていない方にもおすすめです。

もしお住まいのリフォーム業者の値段が相場より高いと感じているのであれば、すぐに相見積もりで比較できるリノコを利用してみましょう。

このサービスは無料ですし、リフォームをすることが決まっていない状態でも利用できるため、気軽にリフォーム相場のチェックが可能です。

リノコは定額料金!地域の相場に左右されない

リフォーム価格は、都市部と地方では価格差が大きく、地域の相場に左右されることが一般的です。

ですので、お住まいの地域に競合が少なければ少ないほど割高になってしまう傾向にあり、15万円のリフォームでも、約3万円~5万円程差が出ることもあります。

しかし、リノコならお住まいの地域によって価格差が無く、低価格で定額設定のため追加料金などの心配はいりません。

>>47都道府県で価格差がない定額制リノコはこちら

リフォーム業者の選び方を無料で学びたいならリフォームの青本

できればすぐリフォームしたいけど、絶対リフォーム業者の選び方に失敗したくないという方には、優良工事店ネットワークが発行しているリフォームの青本」がおすすめです!

>>完全無料のリフォームの青本はこちら

最近では本やインターネットにはリフォームについて有益な情報が溢れていますが、リフォームで失敗してしまう人が本当に多いです。

なぜリフォームに失敗してしまう人が多いのか?

それは、リフォーム業者選びに関する知識を疎かにしてしまう人が多いからです。

ですので、リフォーム業者の選び方について全く知識が無い方は、リフォーム業者を選ぶ為の知識を身につけることができるリフォームの青本を、まずは無料請求することをおすすめします。

>>リフォームの青本についての口コミ評判はコチラの記事で確認

まとめ

今回、相見積もりをしない人の理由や、リフォームの相見積もりの重要性などについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

特に数百万円のリフォームの場合、相見積もりをすることで、大きな金額の差がわかり、提案力の差や担当者との相性がとても良くわかります。

比較的小さな10万円程のリフォームでも、2万円~3万円の差が出ることも珍しくないので、必ず相見積もりにて比較するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です