リフォームする場所の最終的な打ち合わせや工事の日程調整

リフォーム打ち合わせ

リフォーム業者さんが決まりましたら、具体的に商品を選んだり、工事の日程を最終的に調整しなければなりません。

見積もりの段階では見えてこなかった様々な問題が、最終的な打ち合わせ時に出てくるものです。

ここの打ち合わせを疎かにすると、リフォーム失敗という結末につながりますのでしっかりまとめておきましょう!

リフォームするところの商品を決めましょう

リフォーム相談

見積もりの段階で、ある程度決めながら見積書をもらった場合は、日程の打ち合わせ程度でいいと思いますが、商品が決まっていない場合は、担当者さんと最終的な商品選定をしなければなりません。

打ち合わせでは、構想が大きく膨らんだり、色柄の変更、仕様変更となるケースも少なくありません。

内装リフォームのメーカー選びは担当者さんにお任せ

リフォームする所の商品決めは、内装リフォームの場合は内装材のカタログやサンプルを、担当者さんが厳選して数種類持ってくると思います。

基本的には、その中から選ぶ形になるのですが、内容によっては膨大なカタログ量になることもあります。特に壁紙(クロス)は厚みがあり、種類も豊富ですし、フローリングのサンプル等も結構かさばってしまいます。

何種類もある中で、「多くのメーカーがみたい!」「たくさんの商品を確認したい!」という方もいますが、一般的な商品の場合は大きな特徴の変化がありません。

多くののサンプルブックは台車で運ぶ搬入レベルで、担当者さんも大変です。

結局「どれも同じような感じだね・・・」で終わることが多いので、強いこだわりが無いのであれば、内装材に関してのメーカー選びは担当者さんに任せましょう。

キッチンや浴室のリフォームはショールームへ

キッチンやユニットバス等のリフォームで、ある程度概算で見積もりをもらった方は、お近くのショールームに見学に行き、商品を確認することをおすすめします。

例えば、キッチンのリフォームの場合、色々な選択を迫られますので、しっかりと実物を見て確認した方が良いでしょう。。

  • キッチンのメインカラーは何色?
  • 光沢はありなし?
  • 収納のスタイルは、開き戸?それともスライド式?
  • ワークトップやシンクは、人大?それともステンレス?
  • 換気扇やコンロの機能は?
  • 食洗機は付ける付けない?

他にもたくさん決めなければならないことがたくさんあります。

水廻りの選択は、魅力的なものも多いので、心変わりして見積もりを取った時から変わってしまうこともあります。

ショールーム後に、全く違う商品で再度見積もりし直したいという方もも多いので、リフォームしたい日までの期日に余裕を持って計画を進めましょう。

やはり、リフォームの規模によって金額も大きく変わると思いますが、リフォームの打ち合わせ時間は、規模や金額だけではなく項目の多さによって変わります。

MEMO
サイディングなどの外壁張り替え、屋根のふき替え工事の場合は、工期や工事金額もそれなりに大きくなりますが、選ぶ色柄はほとんど一つですので時間はかからない事が多いです。
スポンサーリンク

リフォームの希望日を伝えて日程を決めましょう

スケジュール

実際にリフォームする日にちは、ご自身の都合だけではなく、業者さんの予定、資材の納品予定など合わせて日程を調整します。

しかし、リフォームは忙しい時期ほど日程調整が難しいです。

1日で終わる工事は、土日に集中してしまう

1日や2日で終わるような小規模のリフォームは、やはり土日に集中しやすいです。

特に繁忙期になると、中々日程を抑えられず大幅な遅れになることも多いので、早めに日程を抑えるようにした方が良いです。

どうしても土日しか工事ができない可能性がある場合は、見積もりの段階で空き具合を考慮し、希望日周辺で工事ができるかどうかを踏まえリフォーム業者を決めることも考えましょう。

マンションのリフォームは思い通りにいかない事が多い!

戸建のリフォームですと、ある程度希望通りになることが多いですが、マンションですと色々な制限が多いので、リフォーム会社とあなたの希望日程のすり合わせが簡単に進まない事が多いです。

マンションなどの集合住宅の時間の制限

マンションや団地は、土曜日や日曜祝日の工事が不可の場合が多く、工事の時間も午前9時から午後5時までと時間の制限が厳しいところもあります。

現実的に調整ができない場合は、リフォーム自体計画倒れになってしまうこともあるので、事前確認はとても重要です。

立ち会いができず日程調整できない場合はどうするのか?

基本的に在宅でのリフォームは立ち会いでの工事となりますので、共働きのお宅ですと調整も難しくなります。

1日で終わるようなリフォームなら土曜日に合わせればいいと思いますが、数日から数週間のリフォームの場合は、身内の方に見ていただくか、鍵を預けて業者さんに任せてしまうかという風になります。

鍵を預けるということは、業者さんとの信頼関係が無ければできません。業者選びは人間性も見なければなりません。

まとめ

リフォームの商品選びは、とてもワクワクする楽しい時間の一つです。その後のリフォーム工事の日程を決めることも、重要な事も多いということがお分かり頂けたと思います。

リフォームする内容によって、決めなければならない事のボリュームや、打ち合わせの時間など違いがあります。

ここを疎かにして「仕事が忙しいので、なんでもいいや・・・」など人に任せきりにしてしまうと、思ったものとの違いが出てしまいますので、しっかり計画を立てましょう!

リフォームする商品の選定や、工事日程など具体的に決まりましたらいよいよ工事となります。

在宅でのリフォーム工事の方も多いと思いますが、準備しておかなければならない事や、思いもよらぬトラブルもありますので注意したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です