リフォーム養生でわかる良い業者と悪い業者!養生トラブルや相場を解説

リフォームの養生とは、リフォームを仕上げる箇所以外の所を保護すること、もしくは新しくリフォームして綺麗になった所を引き渡しまで傷や汚れから守るためにするものです。

しかし、養生しているはずなのにリフォーム完了後に傷だらけな状態になっているトラブルもあります。

今回は、リフォームに直接関係なさそうで、意外と重要な養生についてスポットを当ててみようと思います。

リフォームの養生ってなに?目的は大きく分けて2つ

一般的な屋内のリフォームの養生は、大きく分けて2つの目的があります。

  1. リフォームする以外の場所を保護する目的
  2. リフォームした箇所を引き渡しまで保護する目的

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

リフォームする以外の場所を保護する目的

全てリフォームする方ならあまり考える必要はないと思いますが、一部分を残してリフォームする場合、既存の部分を保護しなければなりません。

まずは、いくつかリフォーム養生の事例を交えて解説してみますね。

壁のクロスを張り替える時の養生

壁のクロスを張り替える場合は、「接着剤がつかない様にする」「水に濡れないようにする」など、フローリングや枠など交換しない部分を守るためしっかりと養生をします。

塗装工事(ペンキ工事)の養生

塗装の事例でも、塗装する所以外にペンキがつかない様に保護する目的です。

養生をしっかりしないと、どんな優れた職人さんでも塗らない部分に塗料がついてしまい仕上がりに問題が生じてしまいます。

在宅リフォームでの養生

在宅リフォームでは、リフォームする部屋以外にホコリなど汚れがいかないようにシートで隔離する様な養生や、ソファーや家具などが汚れない様にシートを覆う養生をします。

資材の搬出入や職人さんの出入りのための養生

大きなリフォーム資材や長い材料を搬入する時に、既存の床や壁などに傷がつかない様に養生をします。

また、職人さんの出入りにより傷や汚れがつく可能性があるリフォームは、必ず既存の床や壁を養生します。

リフォームした箇所を引き渡しまで保護する目的

もうひとつの目的は、新しくリフォームされた箇所が引き渡しまでの間、傷がつかないようにするものです。

複数個所リフォームする場合は、仕上がった順に養生をして、次の工程の際に新しくした箇所を守る目的もあります。

キッチンの交換工事をし、壁クロスやフローリングの張り替えまでリフォームする場合の工程を例に解説してみましょう。

キッチン交換する場合は、まず既存のキッチンを解体する工事からはじまります。

解体後の搬出や、資材搬入のために出入り口の木枠を養生し、搬入する通路の床を養生します。

キッチンの取り付けが終わったら、内装工事になるので、取り付けたキッチンが傷つかない様に扉やシンクを養生します。

内装工事からクリーニングまで全て終わったら、搬出を済ませて通路の養生を撤去します。

引き渡しとなります。

傷がついてしまった場合の補修費用や交換費用が高くなるリフォームは、できるだけ丈夫な養生材を使用するのが一般的です。

その他マンションの養生はリフォームする住戸以外も養生

マンションのリフォームの場合は、搬出入するエレベーターや、共用廊下を養生するのが一般的です。

マンション管理組合によっては、エレベーター養生や共用廊下の養生がいい加減だとやり直しさせられる厳しいところもあります。

マンションのエレベーター養生は、多くの住人の目に触れます。

貼り方が汚らしい養生ですと、リフォーム会社が疑われてしまうこともあるので、業者さんは丁寧に養生する傾向にあります。

重要

リフォームの提案力やリフォーム工事の技術とは一見かけ離れてるリフォームの養生。

しかし、リフォーム養生の技術はその会社のリフォーム施工技術と比例する事も多いのでとても重要です。

言い換えてみれば、リフォームの養生がいい加減なリフォーム業者は、施工もいい加減ということです。

スポンサーリンク

リフォーム養生でわかる優良業者といい加減な業者の違い

リフォームの養生がしっかりしている業者は、リフォーム中、リフォーム後のトラブルがありません。

なぜなら、リフォーム養生が丁寧な業者は、傷や汚れが想定される箇所はもちろん、お客さんに気を配り、近隣住人にも気を配れる業者だからです。

業者を判断する上で注目する点は以下の通りです。

  • どんな養生材を使用しているかどうか
  • 養生の上がいつも清潔で整理整頓されているかどうか
  • 養生の貼り方が丁寧かどうか
  • 材料や工具を養生の上に置いているかどうか
  • 傷のリスクを考えた工程かどうか?

リフォームの養生がしっかりしている優良業者と、リフォーム養生がいい加減な業者はどこに差があるのか?

各項目ごとに違いを見比べてみましょう。

どんな養生材を使用しているかどうか

リフォームの養生がしっかりしている優良業者は、保護する箇所にあったより良い養生材を使用します。

交換や補修が困難な場所では、より丈夫な養生材を使い、傷がついてしまうリスクを考え養生します。

一方、リフォーム養生がいい加減な業者は、どのリフォーム箇所でも薄っぺらい養生材しか使用しません。

ですので、見積もりの段階でどんな養生材を使うか聞いておくと後々のトラブルを防ぐ事が出来ます。

リフォームが完了し、養生を剥がしてみると傷だらけで、大きなトラブルに発展した事例も少なくありません!

ですので、リフォームする箇所に適した養生材を使用する業者は安心です。

養生の上がいつも清潔で整理整頓されているか?

リフォームの養生がしっかりしている優良業者(職人さん)の現場は、いつも清潔で資材や工具が整理整頓されています。

なぜなら、建築資材や電動工具、腰道具が散乱していると床や壁に傷がついてしまいトラブルになることを知っているからです。

また、優良業者(職人さん)は寸法が大きな資材を立てかける際、接触する面の養生を必ずしています。

必ず傷や跡がつかない様に何かしら間に挟む習慣が身についていますので安心です。

一方、リフォーム養生がいい加減な業者は、現場がいつも整理整頓されていません。

工事で出た梱包材や廃材などのゴミは、基本的にその日のうちに片付けるのが基本です。

しかし、ゴミ片づけを翌日に持ち越したり、使用する資材が散乱していて、使う資材なのかゴミなのか区別がつかない事があります。

職人さんが資材や工具を落としてしまった場合、薄っぺらい養生材ではフローリングの傷は守れません。ですので、より丈夫な養生材を使用する業者は安心です。

養生の貼り方が丁寧かどうか

リフォームの養生がしっかりしている優良業者は、養生の貼り方がとても丁寧です。

隅々まで真っ直ぐ丁寧に貼られており、養生材をとめる粘着テープもヨレや剥がれがなくしっかりと貼られています。

また、養生が傷んできたらそのまま放置せず早めに交換して、傷や汚れがつかないような気配りがされています。

一方、リフォーム養生がいい加減な業者は、貼り方が汚く、養生材を節約しようとケチっているのがすぐにわかります。

汚い養生の特徴は、肝心なところまで養生が届いておらず、隙間だらけでヨレヨレです。

このような養生では、隙間から小さな砂利や木くずが入り込み傷だらけになってしまう可能性が高いです。

過去にたくさんの職人さんを見てきましたが、「養生の貼り方を気にし、丁寧にする業者さんは、リフォームの施工も丁寧」という事がとても多くあてはまります。

材料や工具を養生の上に置いているかどうか

リフォームの養生がしっかりしている優良業者は、リフォームしない既存の箇所、もしくは新規にリフォームした箇所に、直接材料や工具を置きません。

仮に養生をしていない箇所でも、工具ひとつ床に直接置くことはせず、簡易的に養生マットや毛布を敷きます。

傷が付かないであろう小さな道具でも、何かしら敷く習慣が身についているものです。

一方、リフォーム養生がいい加減な業者は、電動工具、ドライバー、カッター、スケール(メジャー)など何も気にせず置いてしまう事が多いです。

酷い場合は簡単に傷がついてしまう可能性が高い「釘やビス」など鋭利な物を安易に置いてしまう癖があります。

これは、職人さんが育った環境により、意識の違いがあることが多く、昔ながらの職人さんほど気にしない人が多いようです。

傷のリスクを考えた工程かどうか?

リフォームの養生がしっかりしている優良業者は、傷がついてしまうと大きなトラブルになる可能性を考え工程を組むことが多いです。

フルリフォームなど比較的大きなリフォームは、養生しても傷がついてしまうリスクがあります。

良くある事例では、傷により問題が生じやすいフローリング工事は一番最後にして、出来る限り引き渡しまでの時間を短く考えます。

一方、リフォーム養生がいい加減な業者は、傷がついてしまうリスクなど考えません。

自社の都合優先で、工事途中で工程が変更になり、傷だらけの仕上がりになってしまう事も少なくありません。

リフォーム会社(職人さん)の養生に対する意識の差が、優良リフォーム会社かどうかの差になるのです。

>>完全無料のリフォームの青本はこちら 

リフォーム養生の部材はどこの養生に使う?

見積書にリフォーム養生の部材名が記載されている事があります。

しかし、見積書を見ても、どんなものでどこに使うのかがわかりにくいので気になりますよね。

一般的なリフォームに使用する養生材は、以下のような物があります。

  • 養生シート
  • ビニールシート
  • マスカー養生
  • プラ段、プラベニヤ
  • 養生テープ
  • マスキングテープ
  • コーナー養生
  • 薄ベニヤ
  • ブルーシート

これらの養生資材は、どのようなリフォーム箇所で使用するのかを一つずつ解説していきます。

養生シート

養生シートとは、紙に薄いビニールが貼ってあるもので、表面はエンボス加工が施されています。

一般的にリフォームの他、新築マンションや新築戸建て、店舗の改装に使用される事が多い汎用性がある養生材です。

主に汚れや軽度の傷を守る目的で使用されます。

ビニールシート

ビニールシートの特徴は、主に塗料やホコリから守る養生材です。

ビニールシートはとても薄く破れやすいので、傷を守る目的では使われません。

在宅リフォームでは、ソファーや家具、家電類全体を覆うことが多く、リフォームしない部屋の隔離目的でも使われます。

マスカー養生

マスカー養生とは、先程紹介した薄いビニール養生に、あらかじめ粘着テープがついているもので、折りたたまれているものを広げて使用します。

主に外壁塗装や内部の塗装などに使われる事が多く、塗料が付着しない様にします。

他にも内部のリフォームでは、家具やサッシにホコリがつかない様にする目的で使用される事が多いです。

プラ段、プラベニヤ

プラ段は、プラスチック製の段ボールです。紙やビニールの養生シートよりも丈夫なため、強い衝撃から守る時に使われます。

フローリングなどの床養生、内装ドア、キッチン新設ごの扉養生、マンションのエレベーター養生、資材置き場、加工場、道具置き場などとても多く使用される養生材の一つです。

養生テープ

養生テープとは、養生シートやプラ段など養生材をとめるビニール素材の粘着テープのことです。

ガムテープとは少し違い、比較的粘着力が弱いのが特徴です。リフォームで多く使用される理由は、対象物を傷めない程度につくことと価格が安いことです。

主に、グリーン、ホワイト、ブルー、ピンクなどカラーが豊富にあります。

マスキングテープ

マスキングテープとは、ビニールの養生テープと違い、薄い紙でできています。

マスキングテープも粘着力が弱めなため、マスカー養生やビニール養生テープを直接貼ると傷めてしまう場合に、下地として貼ることがあります。

例えば、壁のビニールクロスや和室の白木など養生を剥がすときに傷めやすい場合は、マスキングテープをうまく使用します。

コーナー養生

出典元 http://www.nichidai.net/product/000040/

コーナー養生は、扉や木枠、カウンター、壁の出隅(出っ張った壁)など、主に角を守る養生材です。

狭い通路や大きな資材を住戸内に搬入する場合は、角にぶつけてしまう可能性が高いです。ですので、へこむリスクを考え、硬いプラスチック素材を使用することが多いです。

薄ベニヤ

薄ベニヤ養生は、主にフローリングの保護のために使われることが多く、強い衝撃から床材を守る目的で使用されます。

薄ベニヤの厚さは、2.5ミリ~4ミリ程度のものを使用する事が一般的です。

また、薄ベニヤを直接床に貼ることはせず、紙の養生シートを敷いた上に薄ベニヤを貼る(二重養生)ことになるので、養生費が高くなる傾向にあります。

ブルーシート

ブルーシートは、部屋の床養生や屋外に保管する資材の雨養生目的に使用されることが多いです。その他、マンションでは、共用廊下の搬入時に汚れない様にブルーシートを使用する事もあります。

養生材の多くは再利用が難しく、リフォームごとに新しいものを使う事が殆どです。

エコフルガードという養生材は、とても丈夫な作りになっていますので、ある程度繰り返し使用することが可能な養生材もあります。

スポンサーリンク

リフォームの養生費用の相場はどれくらいなのか?

リフォームの養生費は、㎡数や箇所数など一つひとつ詳細ではない事が多く、見積書の最後の方にまとめて「養生費一式」で載っている場合が殆どです。

養生費の見積もりは適切なのか?」「使用する養生材の割に値段が高すぎないか?」ということを確認することが大切です。

ここまで詳しく養生について解説したものを参考に、照らし合わせて判断してくださいね。

部分的なリフォームで養生する場合

部分的に床面を養生し、既存の部屋にホコリがいかない様にマスカー養生などの仕様で1万~2万円程度

3LDKの床面全面を養生する場合

クロス張り替えなど汚れなを簡易的に保護する目的。養生シートやプラ段の仕様で2万~3万円程度

大掛かりな造作工事の場合

床が傷つくリスクが高い場合は完全に傷を保護する目的。「養生シート+薄ベニヤ」など二重養生仕様で2万~5万円程度

フルリフォームで仕上げ箇所の殆どを養生する目的

造作工事、クロス工事、フローリング工事、キッチン・トイレ・ユニットバス交換などほぼフルリフォームの場合は、5万~10万円程度まで幅広いです。

重要

養生の見積もりは、一つひとつ測ることができないことがあるため、リフォームの総額から数パーセント割り出すリフォーム業者も多いです。

例えば、総額100万円のリフォームの場合、5%の5万円が養生費。

また、「使用する養生材の値段 + 養生の脱着作業費」などから費用を見積もる業者もいます。

いずれにしても、使用する養生材によって値段の差があります。

お見積書の養生費内訳に、使用材が記載していない場合は、どのような養生材を使うか担当者に確認しましょう。

リフォームの養生によるトラブル

案外リフォームのトラブルで多いのが、施工トラブルではなく養生によるトラブルです。

実際、養生のトラブルとはどんな事例があるかを詳しく解説してみましょう。

  • 養生費を見積もっているにもかかわらず簡易的
  • 養生により剥がれや跡がついてしまいトラブルに
  • 養生してあるはずなのに傷だらけの仕上がりに

それでは、一つずつ詳しく見てみましょう。

養生費を見積もっているにもかかわらず簡易的

見積もりの中で高額な養生費をしっかり取っているにも関わらず、簡易的な養生で済ますリフォーム業者もいます。

例えば、

使い捨てる用の汚い養生材を使いまわしで養生している

資材の梱包材(段ボール)など適当な梱包材で養生している

傷を守るべきところなのに適当な紙やビニールを敷くだけの養生をしている

サービスのためにとても安く養生費を見積もっている業者ならまだしも、養生費が相場以上の見積もりで、簡易的な養生では納得がいきませんよね。

また、使用する養生材が記載されているにもかかわらず、それを使用しない業者もいますので、充分注意しなければなりません。

このように、値段をしっかり払っているのに簡易的な養生だった場合は、値引き交渉を持ちかけても良いかもしれません。

養生により剥がれや跡がついてしまうトラブルに

養生トラブルで最も嫌な思いをするのが、傷や養生の跡をつけられてしまうことです。

和室の白木がはがれた

壁クロスがはがれた

家具やソファーに跡がついてしまった

これらの問題は、貼る場所に対して粘着力が強いテープで養生材をとめていたことが原因です。

何も考えないリフォーム業者は、このようなトラブルになることが多いので、注意しなければなりません。

「テープを貼る場所の素材がどんなものなのか?」

「貼ることにより問題が起きないか?」

など、養生の大切さを知っている優良なリフォーム業者は常に考えていることです。

養生してあるはずなのに傷だらけの仕上がりに

傷つかない様に養生をしているにも関わらず、リフォーム完了後に傷だらけになってしまうトラブルも少なくありません。

剥がれた養生を放置していた

重量物に耐えられない簡易的な養生材だった

これらの問題は、養生材の選択を誤った事や現場の管理不足が考えられます。

こちらのトラブルも、優良なリフォーム業者なら簡単に想像がつくことです。ですので、養生をしっかりするリフォーム業者はトラブルになることは無いので安心です。

>>完全無料のリフォームの青本はこちら 

まとめ

リフォームの養生に関することをまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

リフォーム業者を選ぶ際、リフォームのデザインやリフォーム費用がとても重要になります。

しかし、そのリフォーム業者が養生に対する考え方が乏しいなら、大きなトラブルが待ち構えているかもしれません。

安易にリフォーム業者を決める前に、リフォームの養生の考え方を知るだけでも、優良リフォーム業者選びのヒントになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です