リフォーム相見積もりの断り方で上手に伝える方法と注意すべきこととは

見積もり断り方

リフォームをする際、2社から3社で相見積もりをすると思いますが、一社に決めた場合は他の業者さんにお断りをしなければなりません。

より良い提案をしてくれたり、値段を限界まで頑張ってくれたリフォーム業者さんへ、お断りの連絡をするのはとても気が引けるでしょう。

今回は、どう断ったらいいのかわからないという方に、丁寧に印象よくお断りする方法や、注意すべきことなどをアドバイスいたします。

相見積もりでリフォーム業者にお断りの連絡をした方が良いのか?

電話連絡

リフォームで相見積もりをした場合、1社決めた以外のリフォーム業者に、お断りの連絡をした方が良いのか?それともしなくても良いのか迷われるでしょう。

断りづらいので、できれば連絡せず自然消滅できれば良いのに・・・

と思う気持ちもあるでしょうが、必ずお断りの連絡をしたほうが良いでしょう。

お断りするのはできれば電話が良い

業者の態度が悪かったり、見積もりが催促しないと届かなかったりなどの理由は論外ですが、あなたのために良くしてくれたリフォーム業者さんには、電話で連絡する方が今後のためにも良いでしょう。

なぜお断りする業者さんなのに、今後のために良いのかといいますと、今回はお断りしても何か困ったことがあるときに、快く力になってくれる可能性があるからです。

実際によくある事例ですが、今回リフォームをしようとしている業者さんに工事をお願いした時、見積もりの値段とは違い、追加工事ばかりで当初の予算を大幅に超えてしまったということがあります。

他にも、工事の質が悪く、色々と手抜きや誤魔化しが多発し、「トラブルだらけのリフォームになってしまった!」という事例も少なくありません。

実際私も過去に、自社のリフォームでなくても、相見積もり相手のトラブルなど、色々と相談にのった事もあります。

打ち合わせを進めていくうちに色々問題が発生し、破談になり、「やはり最初から御社にリフォームをお願いしておけばよかったよ・・・」と、戻ってきたケースもありました。

リフォームはわかりにくいことが多いので、困った時に相談できる人がいるというのはとても心強いものです。

お断りしたのに少し申し訳ないと思われるでしょうが、次のリフォームを受注できるのであれば、嫌な顔をするリフォーム業者はあまりいません。

丁寧に電話でお断りしておけば、必ずあなた力になってくれるでしょう。

電話で断りづらい場合はメールでも大丈夫

どうしても電話がしづらいのであれば、今の時代、メールで断っても決して非常識ではありません

しかし、「おたくよりも安い他社に決めましたので、今回はお断りします」など、素っ気ないメールでは、リフォーム会社の担当者も嫌な思いをしてしまう可能性があるので、丁寧なメールを心がけましょう。

スポンサーリンク

リフォーム相見積もりの断り方で上手に伝えるには

上手に伝える断り方は、3つのポイントをおさえておくことが大事です。印象良くお断りできますので、意識してみると良いでしょう。

  1. 見積もりをしてくれたことのお礼
  2. 時間を掛け検討したということ
  3. 次回リフォームするときに依頼する可能性を伝える

見積もりをしてくれたことのお礼

担当者によってはリフォームの見積もりを、とても遅い時間まで残業して、あなたのためにより良い提案を考え作成したことでしょう。

ですので、お見積もりを作成してくれたことのお礼を伝えることが大切です。

時間を掛け検討したということ

相見積もりの数社の中で、じっくり時間を掛けて検討し決めた結果、残念ながらお断りすると言うことを伝えましょう。

値段が合わなかったり、提案に魅力を感じなかったなど、必ずしも検討に値する内容でなく他社に即決でも、時間を掛け検討した事を伝えましょう。

また、リフォーム業者との窓口になる方がお断りの連絡をする場合、言い辛いことを伝えますので少なからず負担になります。

そのような場合は、「家族みんなで話し合って決めた結果お断りすることになった」

などの理由を付け加えると、負担にならず相手にも印象よく断ることができるでしょう。

次回リフォームするときに依頼する可能性を伝える

今回は、ご縁がありませんでしたが、違う場所をリフォームする際はお願するかもしれないということを伝えると良いでしょう。

断る理由で一番多いのは、値段の折り合いがつかないことです。値段が理由の場合は、次も厳しいかもしれませんが、違う場所のリフォームの可能性があると期待させることで印象が良くなります。

今回、丁寧なお断りを心がけることで、次回違う場所を見積もりする時は、最初から大幅な値引きで見積もりをしてくれる可能性も高くなります!

お断りの連絡をする時に注意すべきこと

お断りの連絡をする際に注意することは、断る理由を詳細に伝える必要がないという事と、あいまいな断り方をしないという事が重要です。

断る理由を詳細に伝える必要はない

一所懸命あなたの為に色々と提案してくれたり、無理難題を受け入れようと頑張ってくれた業者さんもいることでしょう。

値段なのか、提案なのか、担当者の人柄なのか?

断らなければならない理由は何かしらあるはずですが、リフォーム業者さんに詳しく理由を説明する必要はありません。

良心的な担当者さんなら、「今後の為に理由を教えていただければ励みになります!」「また何か困ったことがありましたらいつでも連絡ください!」とお互い気持ち良くできると思います。

しかし、一度断ったのにも関わらず、何度も食い下がってくるしつこいリフォーム会社もいます。「だから断りの連絡をしたくなかったのに・・・」と後味が悪い思いをする可能性もあります。

例えば、御社よりも値段が安いところに決めたとお断りの連絡を入れた場合。リフォーム会社の担当者は、「その会社よりも安くしますので見積もりし直させてください!」と言って来る可能性が高いです。

値段だけが決め手になっているのであれば、わからなくもないですが、常に足元ばかり見るリフォーム業者は、あまり信用できません。

リフォームは、家電量販店で販売されているような同じ電化製品を買うわけではありません。

見積もりの値段以外に、提案力や誠実さ、相性の良さなど総合的に判断しないと、リフォーム後のアフターサービスの対応などトラブルに発展しやすいです。

>>リフォーム失敗は未然に防げる?見積もり段階でリフォーム業者を見極めよう

商売なので仕方ない部分もありますが、そもそも相手の足元ばかり見る業者は決して誠実だとはいえませんよね。

あいまいな断り方をしない

あいまいな断り方をせず、はっきりと断ることも大切です。

例えば、発注する気が無い場合のあいまいな連絡で多いのが、「発注するときはこちらから連絡しますので・・・」など。

これは、営業担当者からの連絡をしつこくさせない様にしたい場合に使う方がいますが、逆効果です。

あいまいな断り方ですと営業慣れしている担当者は、もう少し強く押せばくつがえせるかもしれないと、猛アタックしてきます。

はっきり断らないと、いつまでも無駄な時間を費やすことになりますので、発注する気が無いのなら正確に伝えなければなりません。

あいまいにしてしまい長引かせ断った場合、途端に態度が悪くなる業者もいますので、嫌な思いをする事もあります。

ですが、「そういう業者に頼まなくて良かった!むしろお断りして正解」と割り切ることです。

スポンサーリンク

まとめ

リフォームの見積もりはどうやって断ったらいいのかをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

断るにしても、丁寧に伝えなければならないという事がおわかり頂けたと思います。

初めてのリフォームでこれから見積もりという方には、複数社に頼むことで罪悪感になってしまう方も多いです。しかし、リフォームで相見積もりを取ることは至って普通です。

現地調査時に、「相見積もりにて決めさせていただきます!」と予め伝えることで断りやすくなります。

相見積もりは値段だけでなく「提案力」「技術力」「誠実さ」などもじっくり見極めることが大切ですので、リフォーム成功のためにあなたに合った業者を選びましょう。

>>今のリフォーム会社に不満ならリノコで比較

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です