天井・壁クロスの張り替え相場|3LDK部屋別や6畳をリフォーム業者別で解説

クロス張替え

クロスの張り替えリフォームは、お住まいの地域によって価格差が大きく、相場がつかみにくいリフォームの一つです。

実際、クロスの張り替えを検討し相場を調べようとしても、見積もりを取るまでいくら掛るのかがわかりません。

また、リフォーム業者の規模によっても相場にバラつきがあるため、業者選びに迷ってしまう方が多いです。

今回の記事では、一般的なクロスの張り替え相場、リフォーム業者別の相場、別途費用に関する事など詳しくまとめてみます。

クロス張替え3LDKの間取りで部屋別の相場

まずは、よくある広さの3LDKマンション(リビング洋室和室玄関廊下キッチン洗面所トイレ)を部屋別、一般的な相場でまとめます。

3LDKマンションの部屋ごとに天井と壁を分け、それぞれの数量や全面張り替えをした場合の合計数量がわかる表にしました。

※クロスのグレードは普及品(量産クロス・スタンダードクロス)といわれている一番お手頃な金額の壁紙を使用した場合で算出してあります。一般的な相場(1,200円)での金額表です。

スポンサーリンク

クロス張替え相場は依頼するリフォーム業者により大きな差がある

6畳クロス張替え

クロス張り替えの相場」を調べてみた方は、どこも同じような金額(相場)で1,000円~1,200円ではなかったですか?

実はクロス張り替えの相場は、依頼する業者により大きく変わるので、一般的に言われている相場があまり当てにならないことが多いです

一番わかりやすい例として、6畳間のクロス張り替えをリフォーム業者別に特徴や相場をまとめます。

クロスの張り替えは天井までの高さや、窓の大きさ、出入り口の大きさ、収納の大きさなどにより変わりますが、以下一般的な6畳間の数量や仕様条件で算出します。

  • クロスのグレードは一般的な量産クロス(スタンダードクロス)
  • 一般的な6畳間2.7mx3.6m、天井高は2.3m
  • クロス材使用数量は壁約30m天井約11m=計41m(㎡換算の場合は約37㎡)

お住まいの地域によっては、クロス張り替え業者の競争が激化し、価格相場が崩壊しているところもあります。

あくまでも全国的な平均相場として参考にしてください。

クロス張り替え専門業者(一人親方・個人経営)

クロスを張り替えるだけであれば、どの地域でも最も費用が安いのがクロス張替え専門業者です

しかし、クロス張替え専門業者は、クロスやふすま、クッションフロアなど表装の張り替え以外リフォームを請負う事ができないことが多いです。

m単価は約800円1,000円(㎡単価900円~1,100円)

 

6畳間・・・壁のみ 24,000円~30,000円

       天井と壁 32,800円~41,000円

工務店系リフォーム会社(比較的小規模)

お住まいの地域にある工務店リフォーム会社のクロス張替えは、クロス専門会社を外注として使用しているところが多いので、比較的リーズナブルな価格で張り替えが可能です。

また、工務店系のリフォーム会社なら、フローリングの張り替えや、内装ドアの交換など同時に請負う事が可能です。クロスだけではなく6畳の部屋を丸ごとリフォームしたい場合も、最安値でできることが多いです。

m単価は1,000円1,200円(㎡単価1,100円~1,350円)

 

6畳間・・・壁のみ 30,000円~36,000円

       天井と壁 41,000円~49,200円

ホームセンター

ホームセンターのクロス張替えは、クロス資材を売り場で確認できることが特徴です。

クロス材有名メーカーのサンゲツリリカラ東リなどクロスのサンプルブックは小さいので、在庫がある場合に限り大きなサンプルで確認することが可能です。

しかし、ホームセンターのクロス張替えは、地域によって施工技術に差があります。

クレームによるトラブルも良く聞きますので、お近くのホームセンターでクロスの張替えをしたい場合は、口コミなどを参考にしましょう。

資材館などがある大きなホームセンターでないと、そもそもクロス工事を請負わない事が多いのでまずは問い合わせしてみましょう。

m単価は1,200円1,400円(㎡単価1,300円~1,550円)

 

6畳間・・・壁のみ 36,000円~42,000円

       天井と壁 49,200円~57,400円

お住まいの地域にある総合リフォーム会社(中規模から全国規模)

お住まいの地域にある総合リフォーム会社は、クロス張り替えはもちろん家のリフォーム全て請負えます。

施工実績が最も豊富なリフォーム店が多いので一番安心なのではないでしょうか。

しかし、比較的規模が大きい総合リフォーム会社は、6畳間のクロス張替え工事など、部分的な工事や比較的小さな工事になるとサービスが悪くなるところもあります。

特に繁忙期になると値段ありきでリフォームを請負うことがあるので、小さな工事をあえて高めに見積もり、諦めさせるような会社も存在します。

m単価は1,300円1,600円(㎡単価1,400円~1,750円)

 

6畳間・・・壁のみ 39,000円~48,000円

       天井と壁 53,300円~65,600円

大手ハウスメーカー系リフォーム会社(全国規模)

大手ハウスメーカーのグループ会社などのリフォーム店は、誰もが知っている様な会社ばかりなので安心度は一番でしょう。

施工技術は、まず問題ないレベルですし、何か問題があった時の対応など最も信頼があるといっても過言ではありません。

しかし、フルリフォーム、スケルトンリフォーム、リノベーションなど全面的な改装がメインなので、クロスの張り替えだけや小規模な内装関連工事だけのリフォームは、やはり大手なりに値段が最も高くなります。

大手ハウスメーカー系のリフォームとはいっても、先ほど紹介した工務店系が外注しているクロス業者が下請けになっていることが多いです。

大手だからと格別施工技術が高いというわけでもないのです。

m単価は1,500円1,800円(㎡単価1,650円~2,000円)

 

6畳間・・・壁のみ 45,000円~54,000円

       天井と壁 61,500円~73,800円

注意

クロスを張り替えるだけであれば、最安値の業者を選び依頼できます。

しかし、他のリフォームの兼ね合いで選ぶ業者が変わっていくことが多いという事を知っておかなければなりません。

他のリフォーム工事を含めた場合、クロスの張り替え費用を安く済ませようと思っていても、現実的に選ぶ業者が最安値の業者にはならないのです。

リフォームの業者を別々に依頼する分離発注という方法もありますが、色々な調整がとても大変です。

>>別々の会社にリフォームを分離発注するメリットとデメリットとは?

クロスの張り替え単価が安くてもそれ以外の費用が多く掛る可能性も

クロス張替え

お住まいの地域で配られているチラシや、近所のリフォーム業者のホームページには、とても安い単価で載っていませんでしたか?

m単価(㎡単価)が一番安い業者というだけで判断するのは待ってください!

なぜなら、クロス張り以外の費用が多く掛るリフォーム業者が多いからです。

広告やホームページでとても安い単価で集客する体質のリフォーム会社は、以下の費用が含まれていない可能性が高いです。

  • 養生費
  • 剥がし代
  • ゴミの処分費
  • 下地処理費
  • 運搬諸経費(交通費)

それでは一つずつ簡単に解説しますね。

養生費

養生費

養生とは、汚れや傷が付かない様に守るもので、リフォームしない箇所や、通路、家具や窓ガラスなどを養生します。

特に住みながらのクロスの張り替え工事は、下地を研磨する粉やクロスを貼るのり汚れなど飛散するので養生は絶対に必要です。

養生費をサービスする業者は、剥がしたクロスを使用したり、クロスの残り材など簡易的な紙養生の場合があります。

フローリングの傷や家具の傷など心配な方は、見積もり時にどのような養生をするのか確認しましょう。

養生費が別途かかる場合、家具の大きさや量にもよりますが、6畳間のクロス張替えくらいであれば2,000円~3,000円くらいで済むでしょう。

全面張り替えになる場合は、20,000円40,000円。またはそれ以上掛ることも少なくありません。

>>リフォーム養生でわかる良い業者と悪い業者!養生トラブルや相場を解説

>>住みながらのクロス張替えに掛る時間や日数はどれくらいか詳しく解説

剥がし代

クロス剥がし

剥がし代とは、既存の壁紙を剥がす作業費のことです。

小規模のクロスの張り替えリフォームは、この剥がし代が含まれている業者が多いです。

しかし、単価を安くして集客をしている会社は、㎡あたり数百円別途費用を見積もるところが多いです。

㎡あたり100円だとしても、全面張り替えになると20,000円30,000円の別途費用が掛るので、他業者との比較ポイントになるでしょう。

ゴミの処分費

クロス処分費

ゴミの処分費とは、既存のクロスを剥がしたゴミや、新しく張るクロスの端材、養生の撤去などの処分費のことです。

6畳間のゴミ処分費は、どの業者もサービスしてくれるところが多いですが、3LDKのマンションなど全面的な張り替えになる場合は、別途費用が発生することあります。

張り替える間取りの大きさによりますが、90リットルくらいの大きなゴミ袋で5~10袋出ます。

ですので、約2立米(m3)の産業廃棄物処理費、約15,000円30,000円程度費用が掛るでしょう。

下地処理費

パテ処理

下地処理費とは、既存のクロスを剥がした時に出る凹凸を平滑にする費用のことです。

部分的な多少の凹凸は、パテを薄塗りして処理しますので、費用がかからないことが多いです。

しかし、家の各部屋に凹凸があり通常施工に問題がある場合や、下地が出やすい薄いクロス材を選んだ場合は、全面的にパテ処理しますので下地処理費用が発生します。

また、下地の石膏ボードに大きな亀裂や穴が開いている場合は、別途下地処理費が掛ることが多く、湿気によりカビている下地は、下地処理費の他に補強費や補修費が別途かかることがあります。

>>クロスのリフォームで失敗しないためのクロス材選びのポイント

運搬諸経費(交通費)

運搬諸経費

運搬諸経費(交通費)は依頼したリフォーム会社の所在地から、あなたの家までのガソリン代や車両代が主です。

他にも、専用駐車場が無い場合はコインパーキング代として別途費用が掛ることがあります。

また、家のすぐ近くにリフォーム業者がいない場合は、他県から来てもらう事になるので、高速代も別途かかることがあります。

運搬諸経費は、避けられない諸経費ですので、多く掛らない様にするには家の近くのリフォーム業者を探すのが良いでしょう。

その他、クロスの張り替えはエアコンなどを脱着しなければならない場合もあります。

>>クロスの張り替え時にエアコンをはずすのが一般的なのか詳しく解説

注意

とても安いクロス張替え単価を掲載している業者は、別途費用を明確にしない傾向にあります。

また、相見積もりをさせないための営業テクニックを持ち合わせていることが多いので、ターゲットにならない様に注意です!

スポンサーリンク

クロス張り替えの業者選びで失敗しないためには必ず相見積もりを!

リフォーム見積もり

クロス張り替えのリフォームに失敗しないためには、複数社の相見積もりが絶対必要で、2社3社の相見積もりをとり、比較することがポイントです。

やはり、クロス張り替えの総額を比較することが一番気になると思いますが、その他にも差が大きくなるため比較すべき理由が3つあります。

  • クロス張り替え工事は測る数量の差が大きいから
  • クロス張り替えの他に掛る費用の差が大きいから
  • クロス張替えの完工までの日数の差が大きいから

それでは、こちらもそれぞれ詳しく解説してみましょう。

クロス張り替え工事は測る数量の差が大きいから

クロスの見積もりで複数社相見積もりすると、必ず数量に違いが出ます。同じ面積であるはずなのに・・・です。

例えば、3LDKのマンションを3社に見積もり依頼したとしましょう。

・A社 200㎡
・B社 210㎡
・C社 240㎡

このような数量の違いは決して珍しいことではありません。

なぜこのように数量に差が出るのかは、測り方の違いやクロスのロスの見方が違うことが考えられます。

測り方の違い

クロスのリフォームの数量を出す場合、「現地調査にて実測で測る方法」と、「図面を基に測る方法」があります。

現地調査での実測ではなく図面で積算する業者は、窓やドアなどクロスを張らないところまで余計に見積もっていることがあり、特に数量が多くなる傾向にあります。

クロスのロス分

クロスは約90センチ巾のロール状のものを一方向に貼ります。貼らない部分を切り落としたり、90センチで割り切れない面も切り落として廃材になってしまいます。

そのクロス材のロス分を少なめに見る業者もいれば、かなり余裕を見て多く見積もる業者もいます。

クロスの数量は、測り方の問題もありますが、誠実なリフォーム業者かどうかを判断できる部分でもあります。

不誠実な業者のせいで余計な費用を掛けたくないなら、やはり複数の見積もり数量を比較することが大事です。

ちなみに

クロスのお見積もりA社が㎡での表記で、数量が37.3㎡単価1,100円

一方、B社がm数の表記で、数量が41.4m単価が990円

少し混乱してしまうと思いますが、どちらも総額は差ほど変わりないのです。

A社37.3㎡ × ㎡単価1,100円=41,030円

B社41.4m × m単価990円=40,986円

クロス張り替えの他に掛る費用の差が大きいから

先ほど詳しく解説しました通り、クロス張替え費用以外に別途掛るかどうかによって費用に大きく差が出ます。

養生費剥がし代ゴミの処分費下地処理費運搬諸経費(交通費)など、それぞれ掛ってくると、6畳間の張り替えでも数万円の差があり、全面張り替えになると十数万円の差が出ることもあります。

単価が一番安い業者に決めたはずなのに、総額では「他社の方が安かった・・・」という事実を後から知ったという人も多いので、必ず相見積もりで諸経費を含む総額を比較しましょう。

完工までの日数の差が大きいから

クロスの張り替え工事は、住みながらのリフォームになる方がとてもたくさんいます。

6畳間ならどの業者も1日で完工しますが、全面張り替えとなると大きな差が出ます。同じ施工面積でも1週間で完工する業者もいれば、2週間掛ってしまう業者もいます。

やはり、住みながらのリフォームはとても気をつかいますので少なからずストレスになります。ですので、一日でも早く普段の生活に戻るためには、スピーディーな工事をしてくれる業者に決めると良いでしょう。

もちろん施工スピードが早くても、仕事が雑なら意味がありませんので、「確かな施工技術と迅速な作業」をしてくれるリフォーム業者かどうかを比較することが大切です。

お住まいの地域のクロスの張り替え相場を簡単に知るには

相見積もり

あなたに合ったクロスの張り替え業者を選ぶ条件は、お値打ちな値段であることの他に、別途費用が掛らない明瞭会計な業者を選ぶ事です。

クロス張り替え費用だけではなく、以下の条件が含まれている価格設定のリフォーム会社を選ぶのが理想です。

  1. 養生費用が含まれている
  2. 産業廃棄物処理費が含まれている
  3. 簡単に運べる程度の家具移動費が含まれている
  4. 運搬諸経費(交通費)が含まれている

もしかしたら、クロス工事以外に掛る諸経費などがコミコミのクロス張り替え業者は、あなたがお住まいの地域には存在しない可能性もあります

しかし、これらの条件を全て満たしているリフォーム会社が、あなたのお住まいの地域にあると言ったら嬉しくないですか?

私がオススメするのは、クロスの張り替えがコミコミの価格設定でとてもわかりやすい「リノコ」です。

>>まずは、かんたん見積もりのリノコはこちら

リフォームの専門家もおすすめのリノコについて、詳しく解説した記事はこちら↓

>>リフォーム業者仲介サイト「リノコ」の口コミ・評判をプロ目線で検証

リノコがオススメな理由は以下の3つ!

  1. 地域による価格差がないコミコミ価格
  2. 厳しい審査を通過した施工店が加盟している
  3. 万が一不具合が出ても安心のリフォーム保証がある

地域による価格差がないコミコミ価格

クロスの張り替え工事費って、全国の都道府県でバラバラです。

例えば通常10万円程の張り替え工事でも、都市部と地方で数万円の差が出ることが普通です。

リノコは全国の加盟施工店の価格を取り決めていますので、地域による価格差がなく、商品、工事費、保証など含めたコミコミ価格なので安心です!

通常、地方によってはエリア対象外と断られることは、決して珍しいことではありません。

しかし、リノコなら全国47都道府県対応可能ですのであなたがどこにお住まいでも同じ価格でリフォームが可能です。

>>クロスの張り替えコミコミ価格のリノコはこちら

厳しい審査を通過した施工店が加盟している

ネットで一括見積もりを取るリフォーム業者は、どこも「厳しい審査に通過した業者しか加盟していません!」と言っていますが、実際にそんなことはありません。

実際、全国規模で募集をしているネット系のリフォーム会社に登録したことがありますが、審査はとても甘かったです。

担当者はリフォームの知識が全くない方でしたので、会社の考え方や実績など多くを聞かれることが無く、形式上の審査というくらい簡単なものでした。

リノコの審査通過率はたったの8%

リノコは全国にある約1万店の施工会社から厳選し審査を通過したのはたったの8.14%です。

厳しい審査基準の内訳は以下の通りです。

・リフォームの施工実績、経験が豊富である施工店であること

 

・しっかりと法令を順守した施工店であること

 

・独自の口コミ調査による審査に通過した施工店であること

 

・リノコの加盟規約を守り運用できる施工店であること

また、加盟できたとしても、評判が悪い業者はリフォーム案件を紹介してくれません。

リフォーム工事ごとにお客様にアンケートを取り、施工技術や接客態度など評判が良くない施工店は、改善されるまで次の仕事がもらえない仕組みになっているのです。

万が一不具合が出ても安心のリフォーム保証がある

クロスの張り替えの場合、剥がれや浮いてしまう不具合がとても多いリフォームですので少し不安ですよね。

リノコのクロス張替えリフォームなら、1年の工事保証が付いていますので、剥がれや浮きの不具合を保証してくれるので安心です

また、クロスの張り替えの他に水廻りのリフォームなども合わせて検討している方には、水廻り機器など最長10年の長期保証も選べるのでとてもオススメです!

>>47都道府県対応可能!クロス張り替えならリノコ

まとめ

今回、クロスの張り替え相場、費用に関する疑問などについてまとめてみましたがいかがでしたか?

広告に載っている価格が一番安くても、別途費用が掛ることにより総額が一番安い業者とは限らないということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

また、他のリフォームの兼ね合いにより、一番安い業者に依頼することも難しくなってしまう事もあるのですね。

リノコなら他のリフォームの兼ね合いがあっても、どんなリフォームでも大丈夫です。

クロス張替えもコミコミ価格で定額制なので、まずは、お住まいの地域のクロス張り替え業者に決める前に、リノコを含めた相見積もりを検討してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です