初めてのリフォーム!まずはリフォームしたい理由をまとめましょう

リフォーム計画

あなたは今、初めてのリフォームを検討中だと思いますが、どのような理由でリフォームを検討されているのでしょうか?

リフォームしたい理由や、リフォームしたい場所の状態によって、リフォーム業者さんの提案や予算の掛け方が変わってきます。

初めてリフォームする前に知っておくべきリフォーム業者選びのことや、トラブルに関すること、事前に調べておくべき事などをまとめてみましたので参考にしてください。

機能改善や快適空間のためなど、リフォームする理由は様々!

現状から見た目だけを良くするだけであれば、深く考えなくても良いかもしれませんが、まずはどうなりたいのか?リフォームする理由を明確にしましょう!

リフォームをしたい理由を明確に

見た目を良くしたいのか?お手入れが楽になりたいのか?キズ汚れがつかないようなものにしたいのか?

よくある事例をあげてみましょう。

  • 水廻りが使い辛く故障も目立ってきたので交換したい
  • 壁や床が汚れや剥がれが目立ってきたのでキレイにしたい
  • ライフスタイルの変化で、リビングを拡張したり間取りの変更をしたい
  • 友達の家の最新のキッチンやユニットバスがとてもすてきだったのでウチも最新にしたい

リフォームは機能改善するためのリフォームや、より良い快適空間のためのリフォームなど、リフォームする理由は様々です。

水廻りのリフォームは使い辛さや故障が原因

水廻りのリフォームをしようと決断する理由で一番多いのが、故障してしまった切っ掛けや古くて使いづらいなど様々です。

キッチンリフォームの理由

水廻りのキッチンは、故障のタイミングでリフォームを検討されることが多く、水栓の水漏れや、換気扇の異音、収納扉の故障などが主な理由になることが多いです。

浴室リフォームの理由

浴室の場合は、浴室全体のカビや汚れなど見た目や臭いの問題、もしくは冬の入浴がとても寒くて辛いなどの原因が主です。

トイレリフォームの理由

トイレの交換するタイミングは、水を流す部品の故障や排水の詰まり、温水洗浄便座の故障など、使えなくなってしまったきっかけが多いです。

内装をリフォームする理由は見た目の問題重視

内装をリフォームする切っ掛けで最も多いのは、機能というより見た目の問題が多いです。

クロスリフォームの理由

クロスの場合は、経年劣化により壁紙が剥がれたり汚くなってしまったことや、タバコのヤニなどで黄色く変色してしまったなど。

また、湿気が溜まりやすい部屋では、カビの繁殖により臭いが出たりして、クロスの張り替えを検討する方が多いです。

フローリングリフォームの理由

フローリングの場合は、陽が当たる部分のフローリングの劣化による剥がれや変色。フローリングがキズだらけだったり、ささくれ立ってきたなど原因は色々あります。

ペットにより壁や床が損傷してリフォームを検討される方も多いです。小さいワンちゃんのかじりつきによる木部の破損や、ネコちゃんの爪とぎによる壁や枠の破損などが多くなってきています。
スポンサーリンク

マンションなどの大規模リフォームは慎重に!

マンションリフォーム

マンションのリフォームで比較的多いのが、子供が巣立ってしまったなどライフスタイルなどの変化で、使わなくなった洋室と隣接するリビングの壁を壊して広い空間にするリフォームが増えています。

マンションの場合、できない工事もある

最近ではテレビなどで紹介される、水廻りのリフォームでキッチンや浴室等の場所を根本的に変えてしまいたいという、大がかりな大胆リフォームが増えてきました。

しかし、マンションによっては、できることとできないことがあり、理想と現実を突き付けられ、ガッカリしてしまうことも少なくありません。

マンションなどの集合住宅の場合、テレビで紹介されるような素敵な水廻りの大胆リフォームは、排水を流すための勾配が取れない事や、古い集合住宅では浴室の拡張が、構造上不可能な場合もあります。

まずは、お住まいのマンションで、希望のリフォームができるのかどうかを調べなければなりません。

マンションのリフォームは事前情報が大事

マンションや団地によっては、キッチンやユニットバス水廻りの位置を変えることが禁止されているところもあります。

マンションなどの集合住宅の場合、水廻りの場所変更など大掛かりなリフォームをしたことがあるかどうかを、管理人さんや近隣の住人さんなどに聞いて事前に情報を得ることが大事です。

リフォームをしていい集合住宅なのか確認がとれましたら、必ず物件の図面が必要になってきますので用意しておくようにしましょう。

大手のリフォーム業者は、なんでもリフォームできるかというとそうではありません。特に築年数が経過した集合住宅は、その物件の特長を理解し、実績が豊富なリフォーム業者を選ぶことでトラブルを回避できるでしょう。

リフォーム業者選びで見るべきところは予算内で納める提案力

中古の戸建てやマンションを購入後、リフォームをすることを想定して、比較的安い物件購入を考えている方も多いと思います。

しかし、簡単に考えていたリフォームが思いのほか、あれこれ膨らんでしまい、結局新築物件が買えたのではないか?と思うほど、リフォームの予算が大きくオーバーしてしまうことも非常に多いです。

中古住宅の購入前に、リフォーム見積もりと合わせて予算組みができればいいのですが、購入後に急きょリフォームすることが決まり、回避できない状態の方も少なくありません。

お見積もりは、大よその予算と希望リフォームを明確に伝えることが大事で、一つのプランだけ取るのではなく、最低限で済む方法とある程度奮発した複数のプランを比べられる提案をもらえるようにした方が良いでしょう。

予算を伝えると『足元を見られてしまう!』と心配になる方もいるとおもいます。しかし、優良なリフォーム業者さんはお客様の予算内でできるだけ希望に添うような提案を考えてくれます。

予算が限られ、大きく予算が掛る可能性のリフォームは、最低限しなければならないリフォームの優先順位をご家族で話し合い、担当者さんにしっかりと伝えるようにしましょう!
スポンサーリンク

水廻りのリフォームは事前にショールームにて商品確認

水廻りのリフォーム

水廻りのリフォームの場合、リフォーム業者さんに正確な寸法を出してもらわないと、正確な値段はわからないですが、ある程度商品の目星をつけておく意味でもショールームに行くことをおすすめします。

ある程度商品を見て触って確かめ決めておくことで、スムーズな見積もりの流れになります。

また、商品名や部位の名称など、知らないで打ち合わせするのと、理解した上で打ち合わせするのでは、具体的な打ち合わせ内容(業者の対応)が変わってきます。

また、キッチンや浴室などのリフォームを目的とした場合、ショールームで定価での見積書を作成しておくと、その資料をそのまま利用できますのでリフォーム業者さんの見積もりがスムーズとなります。

ある程度の見積もりをしておくと、見積もり後に変更の際も、部分的な修正で済むのでより良いですね。

まとめ

リフォームは、多くのことをできるだけ安くできれば良いに越したことはありません。しかし、限られた予算内でできることは、思ったよりも少なく、希望通りにいかないことも多いです。

初めてのリフォーム成功のカギは、リフォームしたい理由を明確にまとめ、業者さんに余すことなくしっかり伝えることです。

初めてのリフォームですと、調べることもたくさんあり大変だと思いますが、あなたの理想通りに『ここでリフォームをして良かった!』となるように満足度が高い業者を探してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です