予定通りに行かないリフォーム計画!準備から完工までの遅れる原因とは

リフォームを希望の日に完工させたい計画を立てるなら、リフォーム業者探しから、工事が完成するまで、どれくらい掛るのかを詳しく知っておく必要があります。

なぜなら、どんなリフォームでもあなたが想像していた計画通りにいかず、予定よりも大きくずれ込んでしまう事が多いからです。

今回は、リフォーム計画が思い通りに行かない事、なぜ時間が掛ってしまう事があるのかを具体的に解説してみますので、これからリフォーム計画を立てる方は参考にしてくださいね。

リフォームが完成するまでのスケジュール

最初の準備段階から工事完了まで、全体的にどれくらい掛るのかをあらかじめ知っておくことが大切です。

なぜなら、一連の流れを把握していないと、初期の準備段階から計画通りに行かず、結局リフォーム熱が冷めて計画倒れになってしまうこともあるからです。

最初の業者探しから工事完了までの流れ

リフォームは、すぐにできそうな準備でも、あなたが思っているよりも時間が掛ってしまう事があります。

まずは、リフォームの業者探しから始まって、最終的に工事が完了するまでの大まかな一連の流れを説明しましょう。

  • 相見積もりで比較するために複数社探す
  • 各社現地調査の日程を調整
  • 見積もりが届いたら各社を比較し1社を決める
  • 最終的な工事内容の確認や商品選びなど打ち合わせ
  • 資材の注文や職人さんの手配
  • 工事日を決める
  • 近隣へごあいさつ
  • 工事開始

それでは、それぞれ掛る時間など一つずつ詳しく解説していきますね。

相見積もりで比較するために複数社探す

小さな工事でも、リフォームは必ず相見積もりで比較した方が良いので、候補となる業者を探さなければなりません。

2社から3社の候補をリサーチをし始めて、実際に問合せするまで、1週間から2週間以上掛ってしまうでしょう。

なぜなら、ホームページなどに会社の情報や具体的な値段など、知りたい情報が少ないことが多いため、問合せをするかどうか迷って時間が掛ってしまう方が多いからです。

特に優良なリフォーム工事店を1社だけに絞って探そうとすると、余計に時間が掛ってしまいます。

ですので、最初の見積もり依頼は、あくまでも値段や提案を知り、工事を任せられる会社かどうかを見極めるためだけと割り切り、気軽にお問い合わせする方が比較的スムーズにいくでしょう。

情報が少ないリフォーム会社が多いので、決め手に欠け、問合せしづらい気持ちも分かります。

しかし、リフォームは、現地調査して見積書が提出されるまで本当の値段は分からないものだと認識しておきましょう!

各社現地調査の日程を調整

見積もりしてもらうリフォーム会社を複数社探したら、現地調査の日程を調整しなければなりません。

現地調査依頼をして、早ければ2~3日で来てくれることもあります。

複数社の現地調査の場合、同じ日に全ての会社が来てくれれば1日で済みますが、相見積もりの競合同士を同じ時間で現地調査をしてもらうのは避けなければなりません。

リフォームの内容によっては、現地調査に1時間から2時間以上かかる場合もありますので、日にちをずらさなければならない可能性もあります。

また、別日に日程調整をしようとしても、現地調査の日程は土日に集中するため、リフォーム会社の調整がつかず、1週間先になってしまうことも少なくありません。

そうなると、候補になる全ての会社が現地調査を終えるまでに2週間以上掛ることもあります。

見積もりが届いたら各社を比較し、1社を決める

現地調査してもっらったリフォーム会社各社の見積書が届いたら、比較し1社に絞るのですが、各社の見積書が揃って比較できるようになるまで最低でも1週間は掛ります。

大きなリフォームになると、各社出揃うまで2週間から3週間掛ってしまう事もあります。

なぜなら、リフォーム内容によって見積書がすぐにできないこともありますし、リフォーム会社により見積書が完成する時間に差があるからです。

>>見積もりが遅くなってしまう理由について詳しい記事

ここまで、リフォーム業者を探して現地調査をしてもらい、見積書を比較し1社に決めるところまで来ました。

しかし、まだリフォーム工事の予定すら決まっていない最初の準備段階で、既に3週間から1ヶ月以上掛ってしまうことが、お分かり頂けたと思います。

結構掛ってしまうのですね・・・

最終的な工事内容の確認や商品選びなど打ち合わせ

リフォームをしてもらう会社を決めたら、工事内容の確認を含めた最終的な打ち合わせが必要です。

リフォームの具体的な打ち合わせは、いよいよ現実味を帯びてきますのでとても楽しみな時間となるでしょう。

しかし、決して安くはないリフォームの場合、計画通りに物事が決まっていかないことも多々あります。

特に、色柄が豊富な物の中から商品を一つを決めなければならないリフォームの場合は、時間が掛ってしまう事もあります。

家族内で意見がまとまらず、数週間決断できない方がいる程、商品選びは悩むものです。

資材注文や職人さんの手配

最終的な打ち合わせを終えたら、リフォーム会社が選んだ商品の注文や職人さんの手配をかけます。

リフォーム工事着工までもうすぐなのに、またここで時間が掛ってしまう事があります。

なぜなら、注文したい資材の在庫が無いことや、職人さんの手配がつかないことがあるからです。

工事完工を計画していた日から、数週間から数カ月先になってしまう可能性も考えなければなりません。

手配がつかないのなら、他のリフォーム会社に切り替えることを考える方がいます。

職人さんの手配の問題なら、会社を切り替えることにより解決できる可能性もあります。しかし、商品の欠品の場合は、どの会社が注文しても同じ様に手配できないことが多いです。

今まで積み重ねた打ち合わせや準備のことを考えると、他社に切り替えることは現実的ではありません。

工事日が決まったら近隣へごあいさつ

リフォームで近隣トラブルを起こさないためには、近隣住人にリフォームの日程を伝え、ごあいさつすることが必要です。

戸建てのリフォームの場合は、工事のお知らせに時間を取られることはありませんが、マンションの場合は計画が大幅に狂ってしまう事があります。

なぜなら、マンションリフォームの場合、リフォーム申請書や同意書が必要だからです。

マンションのリフォーム申請書が、管理組合に受理されリフォームができるようになるまで、早くて1週間くらい掛かります。

特に、申請関係に厳しいマンションは、リフォーム希望日の1ヶ月前に申請しないと間に合わないところもあります。

近隣住人の同意書を得る時間が最も掛る

リフォーム申請書の必要書類の中に、最も時間がかかる可能性があるのが、近隣の同意書です。

同意書とは、リフォームをするために両隣、下階、上階の同意が必要になります。

マンションによっては、両隣2戸、上階3戸、下階3戸の合計8戸の近隣住人から、同意のハンコをもらわなければなりません。

同意書のハンコは、リフォーム業者に委任できることが殆どですので、労力がかかりませんが、すべての近隣住人のハンコが揃うまで数週間掛かることがあります。

なぜなら、いつも不在にしている近隣住人がいる場合は、いつまで経っても同意が得られないからです。

MEMO

ここまで、リフォームの準備だけでも、すごく時間が掛ることがお分かり頂けたと思います。

リフォーム会社を探すところから、工事日を迎えるまでに最低でも1ヶ月は掛かり、スムーズに行かない場合は、2ヶ月から3ヶ月掛かってしまうこともあるのですね。

準備が整いましたら、いよいよリフォーム工事開始です!

リフォーム工事内容によっても、想定していたよりも大幅に時間がかかり、計画通りに進まないこともあります。

ですので、次章ではすぐにリフォームできる工事とそうでないリフォーム別に解説しますね。

スポンサーリンク

工事別で解説!すぐにできるリフォームとすぐにできないリフォーム

リフォームは、依頼後数日で着工できるリフォームもあれば、数カ月先までできないリフォームがあります。

  • キッチンやユニットバス
  • クロス張替え
  • フローリング張り替え
  • トイレや洗面化粧台

それでは、一つずつ工事別にどれくらいかかるのかを解説しますね。

キッチンやユニットバス

キッチンやユニットバスのリフォームは、発注をかけて1週間後に工事をするのは不可能です。

基本的に発注をかけてから実際に工事できる日までは、最低でも1ヶ月くらい掛ると思って良いでしょう。

なぜなら、キッチンやユニットバスは完全な受注生産では無いにせよ、基本的にはオーダー品の類だからです。

また、時期によっては受注が配給以上となり、生産が追いつかないメーカーもあるので、2カ月以上待たなければならないこともあります。

他にも、キッチンやユニットバスのリフォームの場合、専門の職人さんに工事をしてもらうため、工事を待っている人がたくさんいるということも考えられます。

リフォーム工事店によっては、年末や年度末に工事が集中しやすい傾向にありますので、2~3カ月先になってしまう事あります。

クロス張替え

クロスの張り替えは、発注をかけてから比較的すぐに工事が可能です。

クロスの在庫が無くなってしまって、リフォームができないという事は殆どありませんので、職人さんの手配次第では、すぐに工事が可能です。

材料の手配と職人さんの手配がスムーズに行けば、最短で3日後にリフォームできることもあります。

フローリング張り替え

フローリングの張り替えは、メーカーが扱う商品次第ですので、早ければ1週間後にリフォームできる場合もあります。

しかし、普及品ではなく、高額であまり発注が無いフローリング材は、2週間から1ヶ月掛ってしまうものもあります。

トイレや洗面化粧台

トイレや洗面化粧台は、一般的に多く使用されているモデルは、1週間以内で納品が可能です。

トイレや洗面化粧台の工事に掛る時間は、1時間から3時間程度ですので、職人さんの手配も、比較的スムーズにいくでしょう。

見積もり前に取り付けたい商品が既に決まっているのであれば、納期の確認ができるため、リフォームを計画してから数日での完工が可能です。

繁忙期は想定以上に時間が掛る

全てのリフォームにあてはまりますが、繁忙期に完工を計画している場合は、早めに取り掛からなければ間に合いません。

それどころか、超繁忙期は工事ができないのでお断りしてくるところもあります。

特に「キッチン交換と内装工事」「水廻り全て交換するリフォーム」など複合的に行われるリフォームは、想定していたよりも更に時間が掛る場合があるので注意しましょう。

>>リフォームの繁忙期、閑散期に関する記事はこちら

計画通りにリフォームをしたいなら早めに相談を!

まだ具体的に何も決まっていなくても、あなたが検討しているリフォームが、最低限どれくらい掛るのかを知ることが大切です。

「どれくらい値段が掛るのか?」
「どれくらい前から準備すればいいのか?」

など、自分で判断せず一度専門家に相談してみることをおすすめします。

無料見積もりから工事までスムーズなリノコがおすすめ

一般的なリフォーム会社は、繁忙期にするリフォームと、閑散期にするリフォームには値段の差があります。

また、同じリフォーム内容でも、お住まいの地域によって価格差が十数万単位になることも少なくありません。

リノコは、繁忙期閑散期による価格差がないことと、地域による価格差がないのでオススメです!

 

リノコのサービスはもちろん無料で気軽にリフォーム相場のチェックが可能です。

リフォームの計画を一緒に考えてくれる「リノコ」で、気軽にできる無料見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

かんたん入力でリフォームの相場をチェック!

スポンサーリンク

まとめ

リフォームの準備段階から工事完成まで、あなたが思っているよりも結構時間が掛るものだという事がお分かりいただけたでしょうか?

しっかりと計画を立てたつもりでも「すぐにリフォームできると考えていたのに・・・」「計画から完成までこんなに掛ると思わなかった・・・」とうまくいかない方が結構多いです。

リフォーム成功のためには、優良リフォーム業者さんからの適切なアドバイスが不可欠です。

専門家からのアドバイスを基に、早め早めにしっかりとした計画を立てることで、無駄な時間や出費を抑えることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です