リフォームの予算がオーバー!原因はリフォーム業者側でないことが多い

リフォームの見積書を取る際、ある程度の予算を決めてから依頼する方がほとんどなのですが、見積もりの段階で予算オーバーしてしまう方が結構多いです。

また、しっかりと予算を組んで、見積もりにも納得したはずなのに、リフォーム中の追加で予算がオーバーしてしまうことも少なくありません。

今回は、リフォームの予算がなぜオーバーしてしまうかについてまとめてみたいと思います。

リフォームの予算がオーバーしてしまう原因とは?

リフォームの予算がオーバーしてしまう原因で多いのが、解体工事中に下地の不具合などが発覚するなど、不測の事態が起こり追加工事になってしまうことがあります。

他にも、リフォーム業者の提案不足により、後から予算が超えてしまうケースもあります。

やはりリフォーム業者選びは慎重に決めなければ、後悔してしまう残念なリフォームになってしまいます。

しかし、リフォーム予算がオーバーしてしまったというリフォーム経験者に聞いてみると、実はリフォーム依頼者の意向でオーバーしてしまうことが約半数です。

リフォーム業者の不手際や工事中の不測の事態ではなく、リフォーム依頼者側の意向で予算がオーバーしてしまう原因をまとめてみましょう。

  • リフォーム業者の提案を受け入れず結局予算がオーバー
  • 夢が膨らみ過ぎて歯止めが効かなくなってしまった
  • 見積もりから着工までの年月が空いてしまった

それでは、一つずつ確認してみましょう。

リフォーム業者の提案を受け入れず結局予算がオーバー

リフォーム業者さんは、たくさんある過去の事例から、あなたにあった提案をします。

「キッチンを新しくすると、タイルの古さが際立ってしまうので、キッチンパネルを一緒に交換した方が良いですよ」

 

「フローリングの張り替えをするなら、ついでに巾木を交換した方が見た目が全然違いますよ」

 

「お選びになったクロスはとても白いので、張り替えは壁だけではなく天井も一緒に張り替え、電気のスイッチやコンセントも変えた方が良いですよ」

などなど。

しかし、リフォーム業者さんに見積もりの段階で提案があったのにも関わらず、今回の工事では見送ってしまうことがあります。

理由は、「変えなかったことで、そこまで見た目に差が出るとは思わない」からです。

固い決意を変えそうもない方でも、実際にリフォーム工事が進んでくるにつれて変えない場所が気になったまま工事が終了します。

「なぜリフォーム業者さんの言うとおりにしなかったの?」と、ご家族の批判などもあり、検討した結果リフォーム後に追加で発注することが多いのです。

リフォーム終了後、再度発注で予算オーバーに

一緒にやっておけば予算内で済んだリフォームも、工事が終わってから再度発注することで割高になって予算がオーバーしてしまいます。

リフォームは、職人さんが同時にできる工事がたくさんありますので、同時にやる場合と後からやる場合の費用を比べるだけでもした方が良いでしょう。

予算の範囲内でリフォームしなければならない事はわかります。

しかし、提案をもらった通りにしておけばよかったという人を、私は何人も見てきました。

リフォーム業者さんには、最初はやらない考えでも結局やることになってしまったお客さんの事例が多くあります。

利益目的だけではなく、たくさんの経験から提案していることが多いのです。

夢が膨らみ過ぎて歯止めが効かなくなってしまった

お話が上手なリフォーム業者さんから色々な提案を聞いていると、

「ここが綺麗になったらいいな!」

 

「こんな風に変えられたら素敵!」

と夢が膨らんで歯止めが利かなくなってしまう方もいます。

確かに、予算を無視して多くの事が出来るのであれば良いに越したことはありません。

しかし、その場所のリフォームや高機能なものが本当に必要かを見極めることが必要です。

リフォームに限らずよくある話ですが、「ついつい余計な買い物をしてしまった・・・」とか「車購入時に余計なオプションまでつけてしまった・・・」など。

リフォームを計画し、より良い暮らしを想像することはとても大事です。

しかし、リフォームが終わってから普段の生活に戻ると後悔してしまう方は案外多いです。

本当に必要?

今やらなくても問題ないリフォーム

お金を掛けた割に効果がないリフォーム

必要のない機能を付けてしまうリフォーム

どんなに素晴らしい提案をもらったとしても、冷静に判断できるようにしなければなりません。

見積もりから着工までの年月が空いてしまった

予算をオーバーしてしまう原因の中で、意外に多いのが見積もり後工事を発注するまで時間が経過してしまい、予算がオーバーすることです。

リフォームの価格は、毎日変動する訳ではありませんが、半年~1年単位で変動する可能性もあります。

例えば、リフォーム業界が閑散期になる季節に見積もりを依頼して、良心的な価格で予算内でおさまることを確認し長期間検討。

その後1年近く経過して発注しようと思ったところ再度見積書が届き、現在の見積もりで数十万円の差が!

理由は、

・閑散期や繁忙期の価格差

 

・資材価格の高騰

 

・新商品の切り替えに伴い価格が変動

などが考えられます。

内装工事などで部分的にリフォームするくらいなら大きく変わりませんが、リノベーションなどフルリフォーム規模は、予算を超えてしまう可能性もあるのです。

リフォーム業者さんに見積もりの有効期限を確認することと、季節的な要因で価格が変わってしまうリフォームなのかを確認することが必要です。

スポンサーリンク

予算オーバーせずに後悔しないリフォームをするには

どうすれば予算オーバーにならないようにして、後悔しないリフォームができるのか?

それは、複数業者の相見積もりをすることです。

複数業者に見積もりを依頼する時は、以下の方法を試してみましょう。

  • 予算を明確に提示する
  • 同じ条件で提案内容を比較する
  • 業者を選定する目的で見積もりを取る

それでは、こちらも一つずつ確認してみましょう。

予算を明確に提示する

リフォームの見積もり時に、「ご予算はどれくらいでお考えですか?」と聞かれても、足元を見られる事を警戒して予算を伝えない方がいます。

しかし、予算を伝えない事により、提案できることができなくなってしまう場合も少なくありません。

なぜなら、予算に合わない提案をしても、お客様の要望を満たせない事が多いので、より現実的な提案のためには必要だからです。

特に初めてのリフォームの場合、予算を伝えることに抵抗があるかもしれません。

しかし、優良リフォーム業者さんなら、限られた予算の中でできるだけ多くの要望に応えようと努力してくれるはずですよ。

同じ条件で提案内容を比較する

相見積もり時に予算をしっかり提示しても、色々な条件を決めずに自由に提案をしてもらった場合、比較しにくくなって迷いが出てしまいます。

特に優先順位を決めずに提案してもらった場合は、各業者自由に提案してきます。

本当にやりたかったリフォームはこれじゃない・・・」と相手に伝わらない事が多く、見積もりの段階でモヤモヤしてしまいます。

優先順位を決めずに提案してもらった場合どうなるか?

例えば、リフォーム業者3社に予算が300万円と言う事を伝え、キッチンや水廻り、内装のリフォームを提案してもらうとします。

各社の提案

A社 キッチンや浴室の商品グレードが高く、内装工事はクロスの張り替えのみ

B社 キッチンや浴室のグレードを落とし、内装工事はクロスとフローリングの張り替え

C社 キッチンは一般的なグレードで浴室は一番低いグレード、内装工事はフローリング張り替えのみ

このように3社ともバラバラ条件での見積もりでは、リフォームの専門家でも混乱してしまいます・・・

まず予算を提示することも大事ですが、どこのリフォームを優先させたいかを明確にすることです。

業者を選定する目的で見積もりを取る

どうしても比較する事が難しく感じるのであれば、最初は業者を選定する目的で見積書を取ってみましょう。

全て同一の条件で見積もってもらうと比較がしやすいです。

キッチンやユニットバスのメーカーや商品グレードを同じ条件にして、内装のクロスやフローリングも同一商品にしましょう。

同じ300万円の予算で、同一条件の場合、300万円ピッタリで見積書を提示してくれる業者がいれば280万円で見積もる業者もいますので、とてもわかりやすいはずです。

中には、どうしても予算内300万円を切ることができない業者もいるかもしれませんが、比較するのは値段だけではありません。

値段だけではなく誠実さや人柄、アフターメンテナンスの対応なども考慮することがとても大事です。

あなたに合ったリフォーム業者を決めたら、より現実的な修正見積もりをお願いしてみましょう。

何度も見積もり修正や打ち合わせをして迷惑にならないか心配する方がいますが、心配いりません。

リフォーム前の打ち合わせが、リフォーム成功するか失敗するかの分かれ目になりますので、妥協せず納得いくまでしましょう!

>>完全無料のリフォームの青本はこちら 

まとめ

今回は、リフォームの予算がオーバーしてしまうことについてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

相見積もりをする時は、「予算を明確に提示すること」と「同じ条件で提案内容を比較すること」が重要です。

仮にリフォームの予算が少しオーバーしても、今回のリフォーム時にやった方が費用対効果が良い場合があることも忘れずに、複数社の相見積もりで比較してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です