リフォームの見積書を見るポイントと色々な諸経費の謎とは?

リフォームの見積書

リフォーム業者さん複数社に相見積もりをしてみて、見積書がすべて揃ったところで比較してみると・・・

同じ工事でも見積書の内容が違いすぎるので、簡単に比較できずに迷ってしまうということが、初めてのリフォームの場合は特に多いです。

見積書はポイントを押さえれば結構簡単に判断付きますし、業者さんとの交渉もできるようになるので、今回はリフォームの見積書の見方、諸経費等の項目などわかりやすく解説しましょう。

見積もりを見るポイントは丁寧に解説してくれるかどうか

見積もりチェック

相見積もりをとり、比較してみると・・・

1社は値段はそれなりにしっかりと取る感じですが、リフォームする内容を細かく説明してくれている感じです。

 

1社は価格はとてもリーズナブルですが、ほとんど一式になっていて、文字も少なめにまとめた数量での見積もりでした。

リフォームの初心者さんでなくても、リフォームの見積書というのは簡単ではなく、つい合計金額ばかりに目が行ってしまいがちになる気持ちはとてもわかります。

見積書はリフォーム会社によって書き方は様々ですので、特に初めてのリフォームの場合は、目を凝らし見ても結局よくわからないですよね。

わからないまま見積もりの値段だけで発注してしまい、最終的に結構予算を超えてしまったという事は良くある話です。

親切なリフォーム業者は丁寧に解説してくれる!

見積書は会社の特徴そのものですので、誠実なリフォーム会社の見積書は、リフォーム初心者にわかりやすくできているものです。

見積書上では伝わらないかもしれない様な専門用語や、伝えにくい項目は、補足として別紙での解説や、備考欄での解説が細かく書かれています。

あなたにやさしい見積書がある一方、見積書をわかりにくくしている意地悪な会社も存在します。

不親切なリフォーム業者は専門用語と一式ばかり!

たくさんリフォーム内容の項目があるはずなのに、一式○○万円だけで、しかもリフォーム業界の人しかわからない様な専門用語ばかり。

見積もりの内容がわからないのはあなただけではありません。

リフォームの相談で、「内容が良く分からないので、見積もりを見てほしい!」と言われたことがありますが、正直、私でもどんなリフォームをするのか全くわからない見積書もあります。

総額が安ければ良いという方は、それでいいと思いますが、不親切な見積書を出す会社は、結構な確率で追加費用が発生すると思ってよいでしょう。

MEMO
リフォーム工事は値段だけではなく、わかりやすい見積書をこころがけて、気遣いがある見積書かどうかで、会社の体質を判断できます。

また、両社に言えることですが、運搬諸経費、産業廃棄物処理費、現場管理費など、まとめた感じで諸経費と記載している見積書などとたくさんありますが、結局どういう費用なの?と考えてしまいますよね。

特に、初めてのリフォームをする方にとって、諸経費って謎ですよね? 次の章で諸経費の謎について詳しく解説します。

スポンサーリンク

見積書の中の色々な諸経費とはいったい何なのか?

諸経費

本来の工事の見積もりの他に、よくあるのが運搬諸経費、産業廃棄物処理費、現場管理費です。

工事とは直接関係ないものが入っている諸経費は、謎ですよね?では実際どのようなものなのかを詳しく解説してみましょう。

産業廃棄物処理費とは

産業廃棄物は、木材、コンクリートガラ、鉄くず、石膏ボードなど、リフォームで解体した大きな廃棄物等のほかに、工事で使った梱包材や資材の切れ端などはすべて産業廃棄物で処分しなければなりません。

リフォーム工事で出たゴミが、市の袋に入れて出せば費用を削減できると思うかもしれませんが、簡単に燃えるような紙くずのようなものでもしてはいけないことです。

産廃業者さんが引き取るための運搬費用及び処分費が発生したり、職人さんが持ち帰る場合でも、しっかりとした処分場で処理しますので、産業廃棄物処分費は必要となります。

産業廃棄物処理の費用はどれくらい?

産業廃棄物処理の費用は、お住まいの地域によって差があり、リフォーム会社がお付き合いしている産業廃棄物処理業者との関係によって大きく差があります。

一般的にリフォーム会社が見積もる産業廃棄物処理費は、東京近郊で、1立方メートル/10,000円~14,000円くらいが相場です。

地域により、1立方メートル7,000円から10,000円程度で見積もるリフォーム業者であれば、安い範囲におさまっていると思って良いでしょう。廃棄物処理費が安い場合は、運搬諸経費が別途かかり、結局15,000円になってしまうこともありますので注意しましょう。

搬出費や車両運搬費が掛ることもある

搬出費、車両運搬も合わさる場合は、もう少し高くなることもあります。

搬出費とは、リフォームする建物から搬出するトラックまでの距離が遠い場合は、運ぶ手間が大きく変わりますので、別途費用が発生します。

また、リフォームする場所が、産業廃棄物処理会社の所在地まで距離がある場合は、運搬諸経費が通常よりも多く発生します。

1立方メートルの単価が安い見積もりでも、そもそも出る廃棄物の量を多く見られた見積書では意味がありません。

例えば、見積書では、2tトラック一台分の産業廃棄物処理費なのに、実際は大きなゴミ袋が数個しか出ていないなど。

万が一、リフォーム後に出た廃棄物の量が、見積書の数量とかなりかけ離れている場合は、値引き交渉してみましょう。

運搬諸経費とは

運搬諸経費は、リフォームの従業員さん、もしくは請負った職人さんの交通費みたいなものです。高速道路代やガソリン代、資材運搬費も含まれていることが多いです。

特殊な工事で、他県から来なければならない場合は、割高になることもありますが、近場の業者で1日掛らない様な簡単な工事なのに数万円する見積もりは、内訳を必ず確認しましょう。

現場管理費とは

現場管理費は、名の通り現場を管理する費用です。現場管理費が発生するリフォームは、多業種が絡む工事で、工程管理をしなければスムーズに進まない可能性のある比較的中長期の現場です。

現場管理って主に何をするの?

複数の業者さんが時間ごとにたくさん入れ替わり作業する場合は、現場の中が混雑しない様に時間の割り当てを決めたり、車両の誘導や搬入物の受取り等も取り仕切ることが多いです。

大きな工事の見積もりで現場管理費が無い場合は、その場の職人さんにで任せてしまう傾向にあります。リフォーム現場でのトラブルが起きることもありますので、現場管理費はとても重要です。

諸経費などの算出方法は各業者によって大きな差がある

リフォーム見積書

諸経費の算出方法は、各リフォーム業者によって大きな違いがあり、大きく分けて以下の2つのうちどちらかでしょう。

廃棄物の量や、日割りで交通費、述べ日数など正確に換算するリフォーム会社

 

全体の見積り工事金額から数パーセントで算出するリフォーム会社

同じ内容で複数社相見積もりをして、明らかに差が出るのはこういった諸経費の部分になることが多いです。

ということは、いくつかの相見積もり業者の中で、諸経費を明らかに高く見積もる会社がある場合は、値引き交渉できる可能性が高いです。

なぜなら、適当に作り上げた費用で、諸経費の根拠ある数字、値段ではない可能性が高いからです。

初めてリフォーム工事の見積もりを取ってみたのは良いが、工事価格以外に諸経費などが多く掛り、見込んでいた予算を超えてしまうこともあります。

そのような場合は、諸経費の部分を交渉材料にすることで希望の予算内に収まる可能性がありますので、あきらめず交渉をしてみましょう!

中身が見えにくいこともたくさんあり、合計金額だけでは見えないところがあるので、諸経費など理解したうえで業者を決めたいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、リフォーム内容と直接関係ないことでしたが、諸経費に謎についてまとめてみました。

見積書というのは、各社提案が違ったりしてうまく比較できないことも多いです。諸経費などを良く見てみると、「あれ?この費用おかしくない?」ということもはっきりわかってきます。

当サイト、リフォームの参考書で得た諸経費の知識を理解した上で、冷静に価格交渉をすれば、リフォーム失敗というリスク回避ができるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です