マンション北側の部屋の結露とカビ対策は内窓取り付けインプラス

マンション北側の部屋結露

マンションの北側の部屋は、結露やカビが発生しやすく、多くの方が悩みを抱えています。

結露対策のために換気を試してみたり、結露対策商品を使用してみたけれど、どれも効果が無く結局諦めてしまっている方がとても多いです。

北側の部屋の結露やカビ対策には、内窓を取り付けるインプラスが一番効果的です。

北側の部屋が結露やカビてしまう原因は何なのか?なぜインプラスが一番効果的なのかを詳しくまとめてみましょう!

部屋の窓が結露してしまう原因とは?

結露原因

結露は、部屋の中の水分量が多いと引き起こしてしまいます。

部屋の湿気は、温度が高いほど含まれやすく、低いほど含まれにくくなる傾向にあります。

水分量が変わらないまま、室温が低くなってしまいますと、部屋の空気が水分を含むことができなくなってしまうため、窓ガラスが結露してしまうのです。

特に、灯油やガスなどの燃料を使う暖房器具、石油のファンヒーターや石油ストーブ、ガスファンヒーターは、燃料を燃焼するときに水蒸気が発生するので結露しやすくなってしまいます。

寒い季節は、暖房器具などで温められた部屋を就寝時に消すことにより、外気温と室温の温度差により結露し、冷え切った朝にガラス窓がびっしょりと結露になってしまいます。

特にマンションは機密性が高いので、発生した水蒸気が部屋の中にこもりやすく、結露の原因となります。

スポンサーリンク

マンションの北側の部屋は結露によりカビやすい

カビ

マンションの北側の部屋とは、一般的に南向きにベランダがあり、北側が外部共用廊下側で日当たりが悪い洋室をさします。

一般的な間取りでは、玄関の両側に寝室として使用したり子供部屋として使用するお宅が多く、その他にも倉庫代わりに使っていたり、洗濯物を部屋干しする部屋としても使われます。

北側の部屋はカビ発生に気付きにくい

北側の部屋で寝室や子供部屋で使用する際、湿気対策を全くしていない場合は、常に湿度が溜まりやすく家具の裏やベットの下までカビが繁殖してしまうことがあります。

倉庫代わりや物干し部屋など使用頻度が低い部屋の場合は、カビ臭いにおいが出るまで気付かない事も少なくありませんので、初期の段階でカビ対策をしなければなりません。

結露を対策をしないとカビてしまう

カビの原因は、窓ガラスの結露など室内の湿気によることが殆どですので、結露をしっかりと除去しなければカビを防ぐことは難しいでしょう。

特に寒くなる季節の結露は、何度拭いても終わらない拭きとり作業に、多くの方がとても苦労されています。

結露を拭きとることを怠り、慢性的に濡れた状態を放置していると、壁や床までにもカビが繁殖して部屋全体がカビ臭くなってしまいます。

下地にまで繁殖したカビは大工事になってしまう

部屋がカビ臭いニオイが出る状態になるまで放置している場合は、壁紙が剥がれてしまっていることがあります。

壁紙の下地は石膏ボードですので、ビニールクロス表面よりも湿度を溜めこみやすく、カビがあっという間に繁殖してしまいます。

その状態で、表面のクロスだけを張り替えても、すぐにカビが繁殖してしまい、しっかりとカビ臭さを取るには部屋全体の大工事になってしまう可能性も高いです。

マンションの結露対策には換気が重要だがとても難しい

結露になってしまう原因は外気温と室温の差、それから空気中の水分量ですので、水分を含んだ空気を上手に逃がす換気ができれば結露になる可能性が低くなります。

しかし、換気するのが結露対策に効果的と言われていますが、実際にはとても難しいです。

窓を開けて換気

窓を開ける換気は効果的ですが、真冬のとても寒い季節は、冷たい空気が入り込んでしまうため、暖房の効率も下がってしまいます。

結果的に、燃料を燃焼させる暖房器具をたくさん使用することとなり、発生した水蒸気から結露になってしまいます。

窓を開けての換気は、これから就寝するという時に、何時間も家中の窓を開け、寒さを我慢してまで結露のために換気できる方は殆どいません。

マンションですと、ベランダ側ならまだしも北側の部屋は共用廊下ですので、近隣住人が通る側の窓を開けることは抵抗があるでしょう。

換気扇を使って換気

マンションでは、トイレの換気扇や浴室の換気扇を長時間回すことにより、対象の部屋が離れていても換気できる事もあります。

各所の換気扇で換気する方法は、窓を開けるよりも寒くなりにくいですが、当然毎日長時間使用し続けると、故障してしまうまでの時間が通常使用と比べて短くなってしまいます。

結露を防ぎカビだらけの部屋になるのを防げるのであれば、換気扇の交換の方が安く済むかもしれません。

しかし、実際には目に見えない空気をコントロールするのはとても難しく、自分の家の空気の流れがわからず、上手に換気できない方が殆どです。
スポンサーリンク

結露を防止するための一般的な対策方法とは

結露対策

結露を防止するために多くの方が試している、一般的な方法は3つあります。

  • 結露防止シートを貼る
  • 湿気取りを配置する
  • 石油ストーブやガスファンヒーターを使わない

結露防止シートを貼る

ガラスに直接張る結露を防止するためのシートや、プチプチシート等は価格が安く自分でできるので、結露に悩んだ方が一番最初に行う対策法でしょう。

しかし、見た目が良くない物が多いことと効果が低いことで、一度貼ってみても二度と使わなくなってしまう方がとても多い商品です。

また、仮にガラス面を対策し多少の効果があったとしても、アルミの窓枠やレールに張ることができないため、常にレールには水がたまってしまっていることが多く、カビが繁殖しやすいです。

湿気取りを配置する

湿気取りは、気軽に配置できますので、クローゼットや押し入れなどの中の湿気を取るのはとても便利だと思います。

しかし、結露の発生を防ぐには部屋全体に大量の湿気取りを配置しなければなりませんし、根本的に結露の原因は解決できないです。

石油ストーブやガスファンヒーターを使わない

石油やガスなどの燃料を使う暖房器具は水蒸気を発生させますので、結露になりやすいということは前述の通りです。

ストーブの使用を控えることにより結露を抑えることができますが、とても寒い冬場に暖房器具を使わないという選択肢は、現実的に不可能です。

エアコンの暖房なら結露の発生を防げるという専門家もいますが、マンションの北側の部屋では実際に結露を防げない事が多いです。

他にも、除湿機を使う方法や、窓に向って温風をあてる方法などありますが、どれも劇的に改善することが難しいものばかりです。

結露を抑える方法で一番適しているのはインプラス

インプラス

出典 https://www.lixil.co.jp/lineup/window/inplus/

一般的に知られている結露対策では、どれも満足いく効果が期待できない事が多い中、結露の発生を抑える方法で一番効果的なのは内窓を取り付ける「インプラス」です。

高額なリフォーム費用を掛けなくても効果が高いインプラスは、とても満足度が高い商品として多くの方に評価されています!

結露を防ぐ

インプラスは、既存の窓ガラスとインプラスの間に、空気層を設けることによって、外気との温度差による影響を抑え結露の発生を防ぎます。

また、機密性が高い設計なので、外気の浸入を防ぎ断熱効果によって暖房効率もアップします。

カビの発生を防ぐ

結露が原因でジメジメした室内は、カビが発生し健康被害が出ると言われています。インプラスによって結露の発生を抑えられれば、カビやダニの発生を防げる効果も期待できます。

取り付けが簡単

インプラスは、結露がついてしまう窓の内側、枠部分に取り付けますので、ガラスを交換したり壁を解体したりせず工事が可能です。

工事は長時間の在宅リフォームとは違い、1か所の窓で1時間以内で取り付けることが可能なので、忙しい合間でも工事日程の調整がしやすいです。

インプラスの費用はどれくらいなのか?

インプラスの価格は窓の大きさによって違いがあり、ガラスの種類によっても効果に差が出ます。

結露をより効果的に防止するには、高断熱複層ガラスがおすすめです。

インプラスの定価

例えば、マンション北側の部屋の2枚引き違い腰窓タイプで、枠寸法が縦1000ミリ×横1500ミリと仮定すると、定価は52,000円です。

外に出入りできるサッシの大きさですと、縦1900ミリ×横1500ミリで定価は108,000円です。

一般的には、定価のままで販売している業者よりも、20%~40%引きにしている工事店の方が比較的多いです。

インプラスの取り付けが一か所だけではなく、取り付ける箇所数が多いほどお得になる傾向にあります。

取り付け工事費

工事費は、1か所8,000円から15,000円と地域によって差が大きいのと、交通費を別途請求される場合もありますので、まずは現地調査の上お見積もりをお願いしましょう。

商品代をあまり値引かず工事費込みという業者もいれば、商品代が50%OFFでも取り付け工事費など他の費用が高い場合もあります。

インプラスの工事は、トータルでいくら掛るかをしっかりと比較しましょう!

インプラスは自分で取り付け可能?

インプラスは、簡単に取り付けできる商品と言われていますので、ご自身で取り付けを考えている方も多くいます。

しかし、実際には窓の枠寸法を測り間違えてしまうケースがとても多いです。木枠は築年数が経つと真ん中がたれてきて、必ずしも四角ではない事があります。

正確に測らないと、入らなかったり隙間ができたりしますので、取り付け工事費を考えても業者さんにお願いするのが一番安心です。

まとめ

マンションの北側の結露問題、カビ問題を防ぐ方法はたくさんあります。

結露対策に「お金を掛けずにするにはどうしたら良いか?」と多くの相談がありましたが、どれも効果的なものが無いので、インプラスの見積もり依頼が一番多くありました。

私の主観だけではなく、取り付けたお宅の感想を聞いてみると、「取り付けてから結露による窓ふきをしなくなった」とか「暖房の設定温度を下げ、つける時間も減った」などとても高評価でした。

インプラスは費用対効果が優れた商品ですので、深刻な結露問題を抱えている方は、一度お見積もりを考えてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です